FC2ブログ

ヒラマキガイは夜行性? 

昨夜、稚エビを探しているとあっちもこっちもヒラマキガイが目に付いたのだが、今朝みるといないんだよね。やはり、夜行性であるらしい。ということは昼間はどこにいるのか気になるところ。集まっているところを一網打尽ということも考えられるな。

不思議なのはイモリ水槽では1匹もみかけないこと。違いとしたらウィローモスがあるかないか。そうだ、最初はアカヒレ水槽でもヒラマキガイを見かけず、ある時からみかけるようになったのはウィローモスに卵がついていたのかも。そうだったかぁ!

ま、もっとも目障りなほどいるわけではないので、発見次第、地道に取り除くことにする。

でもじっと見ていると移動速度は結構速い。石の上を這っていた2匹は
あれよあれよと移動していくし。水草の葉についているものも表から裏へ同じように移動する。そのくせ、昼はジッとしているんだな。

それに対して石巻貝はややゆっくり気味だ。でも目を離している隙に水槽の表から裏手へ廻るとか、ガラス蓋にくっついているとか、観測するまでは位置が確定しない電子みたいなヤツですな。
ふふふ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/337-f06ffa6e