FC2ブログ

アカヒレ水槽の日常 

蒸し暑い日が続くが、アカヒレ水槽は水温28℃を維持している。
ミナミヌマエビというか、エビは一般にが暑さに弱い。ヌマエビとしてはこの辺が上限らしい。あまりに水温が高いと、ほんと、赤く茹で上がって死んでしまう。
ebi10.jpg

昨日のアカヒレ水槽は赤虫を与えた。アカヒレ、スジシマドジョウ、そしてミナミヌマエビが総出で赤虫を食べる、食べる。稚エビも何匹かつついてましたな。

dojo10.jpg
ジシマドジョウは赤虫が見えていない感じがする。横にあっても気づかないし、目の前の赤虫をアカヒレに持ち去られることもあるし。ヒゲを使った嗅覚作戦で、底砂を這っていく。赤虫とかエサにたどり着けば吸い込んで、モグモグしたり出したり引っ込めたりするのがおもしろい。
吸い込んだ時に砂だったらエラから吐き出すのは、前にも書いたっけ?


夜はヒラマキガイとエビたちで賑わう。稚エビ、結構います。みんな大きくなったらどうなっちゃうんでしょうか。でも稚エビのサイズがまちまちなのが気にかかります。なんで?

そうそう、新地の会社でエビが誕生したって言ったら…
「会社へ持ってきて」
「増やして食べよう。川エビのから揚げ!」
「小さい方が食べやすいんじゃない」
あなた達は鬼です(ぶんすか)。

akahire10.jpg
アカヒレは集団睡眠中。水槽水面近くのアナカリスのまわりに一群が眠っていました。昼はとても写真に撮ることができないくらいすばやいんですがね。ただ夜だと光のせいなのか、色が白っぽく見える。昼に見るときれいなんですよ、ほんと。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/341-4bc0cb09