FC2ブログ

捕鯨と観光 

ネットニュースをみていたら、こんなのがあった。


観光客「ショック」羅臼沖業者「近づかないで」 くじらウオッチング船眼前で捕鯨
(08/25 12:29)北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/45479_all.html

【羅臼、網走】知床の世界自然遺産登録海域に近い根室管内羅臼町沖で二十四日、クジラウオッチング中の観光船の目の前で、捕鯨船のツチクジラ捕獲作業が行われていたことが二十五日、分かった。捕鯨船側は「観光船側の危険運航」と抗議する一方、クジラの生態を楽しもうとしていた観光客からは「かわいそう」との声が上がった。
観光船は羅臼町の知床ネイチャークルーズ所有の「エバーグリーン」(一九トン)で、当時、観光客約二十人が乗っていた。捕鯨船は網走・下道(しもみち)水産と和歌山県太地町の会社が共同所有する「第7勝丸」(三二トン、六人乗り組み)。
場所は羅臼港の東約十キロの沖合で、世界遺産登録海域からははずれ、ツチクジラの漁場の一つとなっている。第7勝丸は二十四日午前十時すぎ、捕鯨砲でツチクジラを撃ち、追いつめた上でもりでとどめを刺した。
エバーグリーンの長谷川正人船長によると、両船は当初五百メートルほど離れていたが、最後は約百メートルに近づいたという。ほかにも二隻の観光船がいた。周りの海は血で赤く染まり、観光客からは「ショック」との声が出、「気分が悪くなった」と話す外国人客もいた。長谷川船長は「距離は十分とっており、危険はなかった」としている。
捕獲されたクジラは二十五日早朝、網走港に水揚げされ、体長約九・五メートル。ツチクジラは国際捕鯨委員会(IWC)の管理対象外で、今年は水産庁が六十六頭の捕獲枠を定め、網走と函館、道外三カ所の計五カ所を拠点に八業者五隻の小型捕鯨船が操業している。
下道水産の下道吉一社長は「(観光船との接近は)初めての経験。われわれは生業として捕鯨を行っているが、クジラが暴れる可能性もあり、船で近づくのは危険」とし、羅臼町役場に抗議した。同町のクジラ観光船は昨年、前年より二隻多い四隻に増えており、脇紀美夫町長は「お互い気を付けてほしい」として事実関係を調べる考えだ。

<クジラ>ウオッチングの観光客の目前で捕獲 知床沖
8月25日15時6分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070825-00000039-mai-soci

知床沖の根室海峡で24日、和歌山県太地町と北海道網走市の捕鯨会社が共同操業する小型沿岸捕鯨船(32トン、7人乗り組み)が、クジラ・ウオッチング船の前でツチクジラを捕獲した。現場は禁漁区域でなく、捕鯨船はクジラを追っていて偶然、この海域に来たとみられる。世界自然遺産登録海域の近くで、結果的にクジラの生態を楽しむ観光客の前で捕鯨した事態になり、波紋が広がりそうだ。【本間浩昭】
ウオッチング船「エバーグリーン」(19トン)に乗っていたウオッチングガイドの佐藤晴子さん(42)によると、現場は羅臼港(羅臼町)の東約14キロの沖合。午前10時44分ごろ、約3.5キロ先に捕鯨船とクジラの噴気を発見し、近付くと、クジラが銛(もり)を撃ち込まれていた。約20分後、クジラは船首に引き寄せられた。
双方の距離は約100メートル。約20人の観光客は、クジラが捕鯨船に横付けされるまで「かわいそう」などと言いながら様子を見ていた。フランス人夫婦の妻は「ちょっと気分が悪くなった」と話していたという。近くには別の2隻のウオッチング船がいたが、このうち1隻は子供が泣き出したため途中で引き返した。
ツチクジラは体長10メートル強、体重11~13トン。国際捕鯨委員会(IWC)の管轄外のため、資源状況について国際的合意はない。捕鯨は日本独自の管理の下で行われ、全国で年間66頭の捕獲枠が定められている。網走を基地とする捕獲は年間4頭が割り当てられている。
エバーグリーンの長谷川正人船長(46)は「私は見せるのが仕事。彼らは捕るのが仕事。でも、何とかならないものか」と話していた。一方、網走市の捕鯨会社は羅臼町に対し、「観光船が接近し、大変危険だった。危険運航に当たると思われるので、注意してほしい」との要請を出した。


匝はクジラを食べる人なので、鯨資源が枯渇しなければ捕鯨してもいいと思う。ただ珍味として食べていれば、大量に捕鯨することもないとも思う。文化を維持するために捕鯨は必要とも思う。クジラの歯を使ったゼンマイなんか入手困難で日本の古来からの時計の修理ができないとか聞いたことあるな。

で、今回のニュースは観光船が悪い。捕鯨に反対もしくは捕鯨をみたいというお客であれば、それぞれに意味があるのだろうが、今回のお客は“悠々と泳ぐクジラを船から見て楽しみたい”と思ってお金を払って乗船したわけだ。それをわざわざ捕鯨しているところへ行って見学するのは、客に失礼だろう。

匝だってさ、牧場で綿雲のような羊とたわむれた後でジンギスカンは食えるが、たわむれている横で屠殺されるのを見るのはイヤだよ。

スポンサーサイト



コメント

世界中で漁獲のコントロールをしないと
水産資源は枯渇するでしょう
捕鯨の反対はどちらかと言うと
政治のにおいがぷんぷんですね
日本の漁師は取れるときに
取ってしまえって風情で
将来のことをまったく考えてませんね
ま~そんな考えが出来る人は
漁師にならないかもしれません

自分も鯨は食べたいですね!
セミ鯨の穂先は高級竿の穂先になります
今じゃ~超高額で取引されてますよ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/409-45bab840