FC2ブログ

犬は「びよ」と鳴いていた 

犬は「びよ」と鳴いていた―日本語は擬音語・擬態語が面白い
犬は「びよ」と鳴いていた―日本語は擬音語・擬態語が面白い山口 仲美

光文社 2002-08
売り上げランキング : 18078

おすすめ平均 star
star日本語の魅力を再確認
starオノマトペの入門書ですね
starモモンガ最高!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近は書籍のタイトルに踊らされて、つい、買ってしまう場合が多い。絶対に出版社の罠にはまっていると思うのだが、この“犬は「びよ」と鳴いていた”というタイトルを見て手に取らずにはおられないだろう。して、しっかりと匝の蔵書となってしまった。

犬は「わんわん」と鳴くのであって、「びよ」と鳴くとはこれ如何に。中を読むと日本語の擬音語や擬態語の解説、それも昔の言葉と現代の言葉を比較している。

「びよ」とは平安時代の頃の擬音語で、犬と人間との関わりによって擬音語が「わん」に変わっていくという意外な歴史が明らかにされています。犬だけでなく、昔のいろんな擬態語・擬音語が紹介されていて、今聞くと「?」というものばかりです。一例をあげると赤ちゃんの泣き声は「イガイガ」ですからね。昔の赤ちゃんはみんな喉がかれていたのかって思ってしまいますよ。もっとも当時の赤ちゃんがそういう泣き声だったのではなく、そのように聞こえていたということですから念のため。

この他にも外国人と擬音語の話題や翻訳者と擬音語の話題など、読んでいてその困惑振りなどが伝わってくるようなエピソードもあり、なかなか楽しめます。最後には、あの可愛げなムササビが化け物扱いされるというお話もあります。

これを読むと正しい日本語などというのがあるのだろうかと、少し考えてしまいますね。

比較的読みやすいのでご興味あればどうぞ。生活の役には立ちませんが心の潤いにはなりますよ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/41-91ec2684