FC2ブログ

いざ、大内宿へ! 

今日は“月末は大内宿へ小旅行 ”で予告?したとおり、新地の係長氏と福島県の大内宿へ遊びに行ってくる。関東は寒冷前線の影響で雨だけれど、福島県は雨は降らないようだ。

大内宿を一望できる浅沼食堂。山の幸たっぷりの「おく山そば」も旨そう。
http://www.aizu-zensyu.com/aizuzensyu/2002-3/02aki-01.html

「とちもち」というとちの実の餅が旨そうな大和屋さん。長ねぎで食べる「ねぎそば」もある。
http://www.aizu-zensyu.com/aizuzensyu/2002-3/02aki-02.html

「岩魚の骨酒」や「そば地ビール」、締めの「十一そば」が堪能できそうな山形屋さん。
地ビールは山形屋オリジナルなんだって。買いですな。
http://www.aizu-zensyu.com/aizuzensyu/2002-3/02aki-03.html

コーヒーに入れるとおいしく飲める「はちみつ」を売るのは松本屋さん。
http://www.aizu-zensyu.com/aizuzensyu/2002-3/02aki-04.html

きりたんぽのようなものに「じゅうねんみそ」をつけて焼いたのが香ばしそうな「しんごろう」を出すのはみなと屋さん。「会津地鶏そば」も旨そうだ。
http://www.aizu-zensyu.com/aizuzensyu/2002-3/02aki-06.html

「ずんだもち」が堪能できるこめ屋さん。出される十一そばは180gの大盛だって。
http://www.aizu-zensyu.com/aizuzensyu/2002-3/02aki-08.html

「けんちんそば」と縁側でいただく「縁側珈琲」の石原屋さん。
http://www.aizu-zensyu.com/aizuzensyu/2004-4/04fuyu-01.html

古代米がウリなのは玉庵さん。「古代米いなり」や「古代もちの揚げ餅」なんか旨そうだ。
http://www.aizu-zensyu.com/aizuzensyu/2004-4/04fuyu-04.html

「おからドーナッツ」が食べられるえびす屋(分家)。おからを“雪花菜”と書くのがおしゃれ。
http://www.aizu-zensyu.com/aizuzensyu/2004-4/04fuyu-06.html

「じゅうねんみそ」のじゅうねんってエゴマという植物のことだそうだ。この味噌や「味噌こんにゃく」に漬物類まで買えるのは叶屋(本家)さん。「福うさぎ」というお守りは、どうみても「さるぼぼ」。
http://www.aizu-zensyu.com/aizuzensyu/2004-4/04fuyu-07.html

手間ひまかかる「栃餅」は予約でいっぱいなのだそうです。加登屋さん。
http://www.aizu-zensyu.com/aizuzensyu/2004-4/04fuyu-08.html

自由時間80分で間に合うのか…ハラハラ。

ずんだもちは喰わねばならんし、古代もちもいいよ、いいよ。部長氏と小田原の社長には地ビール買って、女性陣にははちみつかなぁ。あっ、うふふのひとにも買っておこう。岩魚うまそう。っくー、行く前からテンション上がってます。
そば、そば、そば…。どうしますか、係長っ!

((o(>∀<)o))ワクワクワク

スポンサーサイト



コメント

次期社長?!と噂していたが
気づいた時には遅いんですよ~
ぎゃははは
何が遅いかはご想像にお任せ

それにしても福島に
こんな所がありましたか
しょっちゅう出張してたのに
足を伸ばせばよかったジョイ
ここならうふふにも大丈夫ですね
お土産よろしくね~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/469-087c3786