FC2ブログ

白河城 

大内宿からのツアーも新白河到着で解散。予約した新幹線までまだ2時間ある。そこで隣の白河駅までいくことにした。

1001a01.jpg
東北本線も一部にワンマン運転の列車もあるようで、ちょっとローカル。この日は往復ともに車掌も乗車している普通の列車でした。ワンマンは運転手のいる車両のみ開閉されるとのこと。架線や電車のパンタ周りの碍子をみると交流区間みたい。

1001a02.jpg
新白河から白河までは一駅。右へカーブしながら駅に滑り込む。驚いたことに市役所のある町が無人駅(みどりの窓口は有人だったが)とは思わなかった。駅舎は古めかしいがデザインがいい。なんとなく国立駅に似ている。

駅前にはロータリーとローソン、そしてNTTの電話局くらいしかない。駅の裏手にまわり白河城、正確には白河小峰城へと向かった。

1001a03.jpg
復元された木造三層式の天守(三重櫓)は美しい。復元された城がコンクリート造りのものが多い中、木造のそれもちゃんと木組みして作られたのをみると復元への心意気を感じます。

1001a05.jpg
係長氏が最上階の窓の戸を開け閉め。「ほら、ここをずらしてこう落とすとロックされる」と解説。ほほう、ふふうん。外から開けられないわけね。そういえば石を落とすところとか、鉄砲用の穴や弓矢用の穴など使い分けられていて興味深かった。写真がないのはお疲れモードだったため。電池も残り少なくなってたしな…。

1001a06.jpg
そうそう木組みもいいが、梁などのノミの削り痕も美しい。木造のためか階上への見学には人数制限がありました。入場無料ですが募金はいくらでも可。匝は500円を投入。

床に戊辰戦争の時の弾丸後がありましたが戊辰戦争時に焼失したと書いてあったので、そのことを係りのおじさんに聞いてみると「使用した木材の山で激戦があり、その時に木にあたった弾の痕」なんだそうな。

係長氏曰く「今回の旅行で、ここが一番だった」

1001a04.jpg

スポンサーサイト



コメント

旅行なのに

ところで旅行写真に女性の影すら全く無いのですが、ロマンスの報告は?

ひとり旅もいいですよ。
結婚するとなかなかできないでしょ。
(もっともこの時は係長氏がいましたがね)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/480-9fdfdc4a