FC2ブログ

異金属間の腐蝕2 

その後もいろいろ見てみると、結構悩んでいる人がいるようだ。
海水の掛かるところでアルミ板材をSUSネジで留めたりする人もいた。鉄板を亜鉛メッキしても電蝕するというのもあったりした。アルミ材などを使いたいのは低コスト化であるらしい。

でもアルミ材とSUSネジで腐蝕しない例もあり、これは使用状態と金属間の触れている面積が小さいことで絶妙なバランスが保たれているらしい。

アルミ板材にSUSネジで電蝕するなら、SUSネジをやめてアルミネジに変更し、強度を保つためにネジの本数を増やす。
または、ネジにアルミメッキを施してみる。この場合、タップの部分でメッキがはがれないようにしなければならないのだろうか…。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/512-39a88d74