FC2ブログ

英語による勧誘電話のその後 

11月5日に書いた“英語による勧誘電話”のその後。

今日も英語の営業のNさんが電話に出たところ、ヘッドハンティングの電話なのだそうだ。もちろん英語で話しかけられつつも、合間に日本語がはいるらしい。ネットで調べてみると意外とあるようで、結局のところ英語の通信教育の悪徳勧誘らしい。

小田原の会社では、ビジネスフォンがらみの荒っぽい電話勧誘がある。ちょっと言うと…
「おら、社長出せっ」って感じなんですよ。その電話で話しているのが社長だったりしますが(苦笑)
こちらは光回線の工事で確認があるとかなんとか言ってきます。ここで会社へ招くとめんどうになる気がするので電話だけで断りますが(その後、何度も掛かってきて、段々と罵声を浴びせてきます)、会社にくるとなんだかんだいってリース契約を結ばされちゃうケースもあるようです。企業の場合はクーリングオフ効きませんから、一度契約したら大変です。

まったくこんな商売が流行るんですかねぇ?


今日のBGM:DECISIVE BATTLE, N.G.E.

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/544-42dc9d3e