FC2ブログ

ゾウの時間 ネズミの時間 

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学
ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学本川 達雄

中央公論社 1992-08
売り上げランキング : 35950

おすすめ平均 star
star動物によって流れる時間の速さがちがう?!
star知的好奇心を刺激する「サイズの問題」
starサイズに着目したユニークな生物論

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


時間というのは不思議なものだ。感覚的な時の流れはイヤなことやつらい時には長く、楽しい時には早く感じるのだけれど、時計自体は一定のリズムで時を刻んできる。しかし特殊相対性理論によれば、ロケットが光の速度に近づくほどロケットの中の時間は遅くなるといわれ、時計による時の流れも絶対というものではなかった。

前述の感覚的なものはあくまで主観的なものだし、特殊相対性理論の世界は極端な速度の場合で、通常の生活空間ではあくまで時の流れは一定だと思っていた…というか思い込んでいた。この本に出会うまでは。

ゾウとネズミとでは時の流れが違う?それは寿命が違うためなのか?こんな怪しげなタイトルの本を見かければ、ついつい手にとってしまい、レジへと向かい、買ってしまった。

動物のサイズで時の流れが違う。この時の流れとは、心臓の鼓動や歩く速度、成長速度、血液が体内を一回りする時間などのことだ。しかし身体のサイズによらず一生に打つ心臓の鼓動は一定数であるという。つまりサイズの大きな動物は鼓動のリズムが小さな動物に比べ遅いということだ。この回数は約20億回ということで、ドックンドックンと20億打てばコロッと死んでしまう(あくまで計算上ですよ)。

そしてこれらは体重の1/4乗に比例するのだという。これはどういうことだ?そう、その解説をわかりやすく書いてあるのが本書だ。動物の大きさを表面積と体積の関係から考え直しエネルギー消費量などから、いかに生命が作られているのかがわかる。さらに著者はところどころで人間社会にもサイズの問題を当てはめていて、考えさせられる部分もあった。

進化とサイズのところに「島の規則」という項目がある。大陸に住むゾウはマンモスなど巨大化していくのだが、島に住むゾウは小型化する。逆に小さなネズミは島ではネコなみに大きくなる。これらは島という狭い中では、食糧事情や天敵がいないということで身体が無理のない(巨大化したり、小さくなったり)サイズになるためらしい。

著者はここから大陸の国ではずば抜けた才能の人間が輩出されるが、島国では逆に庶民のスケールが大きくなるのではと投げかけてくる。さらに「日本人は島に住んでいるのだから、自己のアイデンティティーを確立するためにも、島とは何かを、まじめに考えるべきだ」と述べる。匝も、おそらく島国に長く暮らす日本人は、この島で暮らすための知恵を長い時間をかけて得て、身の丈にあった生活をしていたことは間違いがないと思う。アメリカで成功した事例が日本で成功するかどうか「島の規則」と考え合わせると、どうなのだろうか。

さて、読みやすいかどうかというと、最初は取っ付きにくいかもしれない。というのは単純とはいえ計算式が多くでてくるからだ。表面積と体積の計算はしょっちゅう出てくる。でも計算式のところは読み飛ばしても内容は理解できるので、気にしなくてもいいでしょう。

動物や植物、昆虫の構造がいかによくできていて、その生存のためにいろいろと身体を変化させてきたことがわかる一冊です。

お子様向けの「ゾウの時間、ネズミの時間」もあるようですが、あさりよしとお氏の“まんがサイエンスVI”の「どちらが長生き!?ゾウとネズミ」があります。本書のほんの最初だけがマンガになっているだけですが…。それはそれと、あやめちゃん。5億回呼吸すると寿命になるからといって息を止めたらすぐに死んでしまいますよ。


最後に本書と関係ありませんが、子供の頃と大人では時の流れが違うのは「ジャネーの法則」によるらしいですよ。時の流れで気になったので調べてしまいました。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/55-07bcea51