FC2ブログ

高氏とモツ鍋 

朝方、ムカムカで目覚める。昨日のことは記憶が断片化してます。

高氏を溝ノ口のモツ鍋屋“吉”へ連れて行った。
さすがに忘年会シーズンと週末ということもあり、しばし待たされました。寒空の下、お店でもらったホカロンと七輪で暖をとっていると「外でよければ」というのでオケする。

1214a.jpg
寒くてビールという気分ではなく、熱燗でいきました。お銚子の形がなんともです。すぐ飲みたかったのに冷酒が入っているので温まるまで待ちます。温まったかな、などと高氏が飲んでいるのは反則では?

肉を片っ端から注文。高氏も満足モードですが、モノが来てから「ナンコツはいらない」っていうのも反則だぞ。

1214b.jpg
熱燗は時間がかかるので焼酎のお湯割りを頼む。ここはお酒の量が多いのでお得かと思ったら、ロックと同じ量だぞ。お湯で割っている分、酒量が少ないよなぁ。あれ~?

1214c.jpg
高氏、にんにくのホイル焼きを注文。お湯割りのおかわり。にんにく、旨かった。
ついで、モツ鍋を注文。

ここで大阪さんと長野くんとの新地の会を、来年この店でやろうということになった。さっそくメール。すぐに返信がきて「相談して決めます」とのこと。

この辺から記憶が断片化します。どうしてだかわからりませんが、輝ちゃんに匝のPHSから高氏が電話。
例のごとく、なんでお前が出るんだとかいわれている。匝に代わり日曜の予定を打ち合わせますが、まったく記憶にありません!ので、今日の夕方、リコンファームさせていただきます。
輝ちゃんのあと、広氏に同じ手法で電話。高氏から匝に代わりますが、何を話したかまったく記憶ありません。
さらに今朝気づいたのですが、広氏の前にサクッちにも電話してますが、電話した記憶すらありません。まったく迷惑な人たちだ(おいおい)。

1214d.jpg
ちなみに二人だとモツ鍋って結構あるんだねぇ。モツ食べすぎでややムカムカしてきました。
この後の記憶は、お会計をお願いする。ひとり3500円だった(誰が払ったんだ?)。高氏が初代で鴨そば喰うというが匝は限界線が見えてきたので付き合わずに帰った(あいつは行ったのか?まだ喰えたのか)。武蔵小杉の駅だったのかどこかでトイレに行った。東横線乗車中に駅の下車駅までの数をくりかえし数える。気づいたら朝だった。

さすがに3日連続は身体がきつい。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/595-1145cbc9