FC2ブログ

ハナアブの幼虫(オナガウジ)ふたたび 動画版 

先に注意しておきますが“続きを読む”をクリックするのは自己責任でお願いします。
ハナアブの幼虫こと“オナガウジ”は多くの人にとってなかなか気持ち悪い生き物です。
それを動画(youtube)としてアップしたので、リアルな動きをご覧になれます。
ね、一応忠告しましたからね




2008-6-7追記
横浜石英さんの社長夫人のブログからここにリンクされていますが、↓12月18日のブログをご覧になっていない(ま、普通は気持ち悪くてみないか)ようなのでここで補足しておきます。
まず、オナガウジは“ハナアブ”の幼虫ということで“アブ”と勘違いされますが、“ハエ”の仲間です。
ですから成虫になっても刺しません。むしろ花の受粉を助ける益虫ということになります。また外見が不快な幼虫ですが水中の過剰な有機物を分解してくれます。
むしろ、オナガウジが住むような環境を人間がつくったことこそが問題です。よどんだ汚水があるということですから。きっとボウフラもわいていると思うな。
自然に湿地の腐葉土などでみつけたなら、そっとしておいてください。別に悪さはしないので。
小田原の会社では放っておきました。最近、姿を見ないけれどな。

また、匝は横浜石英さんとは関係ありません。リンクの記載に誤解を与える書き方をされているので一応注意書き。


12月18日に写真つきでブログで紹介しましたが、やはりリアルな動きも見せたいという気持ちもあってアップ。
歩き方がとってもユニークで、口らしきところを大きく開いて吸い付き身体を前に引き寄せるような動きをして前進します。

指でつつきましたが(!)それほどプニュプニュしていませんね。つつくと縮こまります。
動画ではわかりづらいですが全身に黄色い短い毛があるようです。実体顕微鏡があればなぁ…お見せで・き・る・のに。
尾の先は呼吸口で、常に水面から出しているようです。ちなみにお尻にあるもう1本はフンかもしれません。ゴミかな?

これは写真を撮った日ではなく、12月27日にビデオ撮影したものです。この時、お持ちかえり~ぃしようかと思ったのですが、エサ(腐りかけた草など)の問題と気色の悪さにやめました。でも今思えば観察対象としてはおもしろいよなぁ。イモリ水槽にいれたらどうだろう…。ナポリが喰いつくか?どうかなぁ。

突貫作業で動画編集したのでいいかげんですが、今後もいろいろアップする予定です。あっ、もちろん気持ちの悪いものばかりではない予定ですよ。それにしてもyoutubeはなかなか使える。

2009-6-7 ホームページにオナガウジの詳細をアップした(2011/3/2 リンクを修正しました)。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/631-37406f2f