FC2ブログ

初音ミク ふたたび 

昨年9月23日のブログ記事で、人工音声で歌うボーカロイドソフト“初音ミク”を紹介した。

その後の展開は凄まじく、替え歌からオリジナル曲、さらには有志によるオリジナルアニメまで多くの作品が作られてはニコニコ動画やyoutubeへアップされているようだ。開発元として
は売上よりも、ソフトが愛用されていることがうれしいと思うなぁ。

ところでコンピュータを使った人工音声技術というのは最近のものではなく、匝が高校生の時に中古で買ったNECのPC-6001MkIIはローマ字でプログラムを打つと話すことができた。

その後PC-6601が登場すると、人工音声で歌えるようになった。これが1984年のできごとだ。ちなみにMacintoshの登場も1984年だったな。

youtubeをみていたらPC-6601で歌わせたものをアップしている人がいた。
↓“初音ミク”のオリジナル曲“みくみくにしてあげる”が元ネタ。



↓こちらがPC-6601の“みくみくにしてあげる”。歌詞はPC66用に替え歌になってます。最後にプログラムの音声出力(ピーヒャラ音)があるのはご愛嬌かな。



20年以上前の機械でここまでできるのは大したもんだったんだなぁ。ただ人工音声は普及しなかったのか後継機では搭載されずに消えていったように思う。ちなみに現代のボーカロイドは歌は歌えるけれど普通に話すのは苦手のようだ。

ちなみにこの“みくみくにしてあげる”という曲は、JOYSOUNDのカラオケで歌うことが可能なんだそうで、人気がわかりますね。

参考:初音ミク情報館
http://www.hatsunemiku.info/


ピアプロ(ボーカロイド作品投稿サイト)
http://piapro.jp/


スポンサーサイト



コメント

プログラムをdistributeしている

んだと思うな~ 全国三億六千八百万人のPC-6601ユーザーにw

  • [2008/01/14 19:57]
  • URL |
  • ご愛敬ではなく
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

そう、ピーギャラはカセットに録音してCMTと書いてあるコネクタから伸びている白いMiniプラグをヘッドホンジャックに...CLOAD...ですね。
MSXでもYAMAHAのFM音源拡張ユニットでしゃべれました。
パピコンPC-6001持ってました。MSXは動態保存しています。といいますか、専用鍵盤つないで、父が楽器として使っています。

しかし、66にみくみくさせようという発想には脱帽です。
あと、見つけた匝さんの眼力も。

はじめましてかな。
この音声で66に読み込むことできるか試してみたらおもしろいかなぁ(無理だと思うけれど)。
今気づきましたが画像も66風ですが、実際に描いたのでしょうかね。任意の8色?ん~

こんばんは、doggieさん。
ということは、60は現役の楽器?ということですか。それはすごい。大事に使っているのか、タフな機械なのか。

66で歌わせたかったのでしょう。持っていたらやってしまうかもです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/635-678e399e