FC2ブログ

ニコチンとコチニン 

先週、部長氏が会社で生命保険に加入する時、健康体割引を受けるために喫煙しているかどうかの検査を行った。

ちょっと頼りなげな生保のお姉さんがアポイントのために電話してきた時に「コチニン検査…」と話していた。いつも頼りなげなのでそのまま聞いていたのだが、来社した時も「コチニン検査」というので
「ねぇ、それって“ニコチン”じゃないの?」とついつい言ってしまった。
この日は検査のため先生(医者)も同伴。
「いえいえ匝さん。コチニンでいいんですよ。ね、先生」
「えぇ、この検査は“コチニン”検査でいいんですよ」

なんとニコチンの検査ではなく、コチニンの検査?誰か“ニコチン”とするところ“コチニン”と書いてしまったがために引っ込みが付かなくなり、意地を張り続けていまだに“コチニン”としているとかじゃないだろうな。

念のためググッて調べた

コチニンは、ニコチンが肝臓などで代謝された成分で血中濃度は17時間ごとに半減し、尿として体外へ排出される。

検査自体は尿検査とかあるらしいが、保険会社では簡便な方法として唾液を採取して分析にかけるそうである。綿棒というか飴というかそんなものを口にくわえて2分間。十分に唾液をしみこませ、唾液中のコチニンの濃度から喫煙者かどうかを判断するのだろう。部長氏曰く「甘い」らしい。ちなみに程度により違うだろうが喫煙者が禁煙しても1年くらいはコチニン濃度により健康体割引の加入ができない場合があるらしいゾ。

ほら、そこ。会社のためにも今から禁煙しておきなさい。
(ちなみに健康体割引の月々の割引率はそれほどでもないことは黙っておこう)

スポンサーサイト



コメント

ニチコン

ニチコンと読んでました....。
それはコンデンサメーカで(略

ケミコン
ニッカイ
などなども…

コチニン検査

(ちなみに健康体割引の月々の割引率はそれほどでもないことは黙っておこう)
>いいや、かなり安くなります。

会社や保険内容によっても違うんでしょうね。比較はしたことないので。

想像するに医療保険では割引率が高く、定期保険みたいなものでは低いのかも。どうですかね?

はじめまして。

コチニン。はじめて聞きました。
そして割り引きなんかもあるんですね!

どれくらい禁煙したらコチニンの濃度?って減るもんなんでしょうかねえ

charlotte☆さん、こんにちは。
コチニン検査で喫煙の形跡がでなくなるのは、どれくらい吸っていたのかにもよるようです。
告知では「1年は吸っていない」というのが条件のところが多いと思います。
ただ禁煙していたり、もともと吸っていなくても検査前にモクモクとしたところで受動喫煙となった時でも検査ででてしまうことはあるようです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/661-e16c78a1