FC2ブログ

サイクロンコンロ 

部長氏と谷やん、そして匝の3人で部隊鍋を食べていた時に、ふと、コンロが普段目にするものと違うことに気づいた。

80223a.jpg
炎が内側に向かって出ている。部長氏が韓国製だろうかとメーカー名を確認すると“TOHO”とあって「どうみても日本名ですね」。

80223b.jpg
部長氏は鍋がデンジャラスセットのために一度厨房へ持っていかれている間に再度点火。コンロで語る3人。傍から見たら変な人たち。

80223c.jpg
ガスの噴出し口は穴がたくさん開いているわけではなく、いくつか斜めに仕切られているだけでガス流は左回り(半時計回り)に吹き上がるようになっている。中心の穴を覗くとバーナー部の下に穴が開いており、空気が炎の中心に流入するようになっているようだ。

炎が鍋の中心を重点に加熱するのでアルミ鍋など部分的に伝熱の良い素材だと焦げるんじゃないかな?

帰宅後ネットで調べるとメーカーは“東邦金属工業”だと知った。サイトによるとサイクロンバーナーといって燃焼効率をアップさせたのだそうだ。力任せではなく、効率重視ということか。

他サイトの説明では、炎が外に向かっていないために鍋のトッテが焼けたりせず、また風にも強いとのことだ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/700-eff3bda5