FC2ブログ

趣味で物理学 

趣味で物理学
趣味で物理学広江 克彦

おすすめ平均
stars物理学の学び方色々在るが、多くの人に支持されるの分かります!
stars趣味の向こうにこそ本職の見識がある
starsこういう本を待っていた

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


“EMANの物理学”というサイトの一部、力学と電磁気学の部分が書籍になったのです。

それが、でっかくおもしろい!

もちろん物理とか好きな方用ですね。啓蒙書のレベルより上。
本を買わなくてもサイトでほとんど読めてしまうのですが、読み返して考えるにはやはりペーパーの方が良いでありましょう。

専門書とは違う、EMANこと広江さんなりの解釈で物理学の基礎を詳しく、それも初学者にもわかるように書かれています。それでも微分積分など数学的基礎はさらっと流すだけなので、読むほうもそれなりの努力が必要です。

サイトのあいさつに書かれている通り、目指したのは中級の教科書。わかりやすい本が欲しかったのにどこにもなかったので“だから自分で作ることにした”のだそうだ。そのため応用には興味がないということで、理論だけを会話(独白)調で説明し意味不明な公式の本質を活き活きと明かしていくさまは心地よいものです。
もっともついていける範囲での話ですがね…(苦笑)

それでも運動エネルギーの公式については理解できなかったので、自分なりに考えたのが先日のブログ記事だったんですね。

なぜこのサイトに行き着いたかというと“最速降下線問題”を調べていた時なんですね(おっと、ここで宿題があることを思い出された方もいらっしゃるかな。確信犯的に覚えてますよ)。

相対性理論を理解するためにはどうしても力学と電磁気学を理解する必要があり、また量子論を理解するためには統計力学も知っておかなければならずと、世界を知るためには大変な努力が必要なのだということがわかった。なのにまだまだ力学止まりの匝です。微分積分くらいでへこたれていてはいけないんだ。

逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ…


コラムも三つあるんですが、中でも「実在はどこにあるか」というのはいろいろ考えさせられます。この世に確かなものなどないのではないか、そんな気がすると心のよりどころっていうのかな、多少不安な気分にもなりますね。

数式などは読み飛ばして読むだけでも結構楽しめる一冊です。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/718-7dc2099f