FC2ブログ

初代、綱島店 

シンガポールのマーライオンのように溜息を垂れ流す匝。憂鬱な気分一掃も兼ねて、昨夜はパッと気分転換の業務打合せ。議題は今年の社員旅行。

それはそうといつも思うのだが、こういう時はなぜか池さんに悟られるのだ。ま、隠し立てしているわけではないのだが。普通に「おつかれさまぁ」といいながら会社を出ようとすると、残業中の池さんの好奇心きらめく瞳が匝の姿を追い「今日はどこですか?」などと聞く。飲みに行かない時はそういう反応はないのだ。匝の行動に何かそういう素振りがあるのだろうか…。
うむむむ、であります。

それはそれとして、業務打合せの締めで久しぶりに溝ノ口の“初代”へ行ってきた。
今宵は鴨そばと、とろろ板そばの2種である。締めそばですからその他のものは食べませんでした。

80306a.jpg  80306b.jpg
久しぶりなのに店員さんは匝のことを覚えていたわけだが、さぞや印象深かったのだろうな。

さて、2007年12月21日に書いた“初代、川崎店”の記事の通り、初代は川崎に出店するという話だったのでそろそろできるのか尋ねてみた。

「あぁ、川崎出店の話はポシャリました。条件が見合わなかったようで」
え?そうなの。残念だなぁ…

「でも綱島に出店することになったんです」
すかさず係長氏が「おっ、こいつは綱島在住だぞ」
綱島のどこよ?

「賑わっていない方です。えー、聞いてきますね…」と厨房に行って聞いてきたのか戻ってくると
「すみません、今、誰もわからないそうです」
賑わっていない方とは綱島温泉のある方?
「そうですね。そこから日吉よりだったような…。5月にオープン予定ですよ」
そっかぁ、じゃぁ、今度は綱島で食べよう。
「そういわず、ここで食べてくださいよ。私はここですから」その後、指差しながら
「彼は綱島店に行くんですよ」
指差された彼は軽く会釈。顔をおぼえておこう。

社員旅行は“佐渡”案が浮上して終わり。なぜだかホワイトデーのお返しの話もでた。
とにもかくにも、鴨そばはおいしゅうございました。

そばの写真を撮っている時に係長氏が 「明日のブログの内容はわかった」といっていたが、その通り ですな(^_^)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/720-d0092e8f