FC2ブログ

三ッ池公園ポタ 

昨夜の嵐のような雷雨がウソのように晴れました。暖かでやわらかな春の明かりで照らされています。春特有の生暖かさとモヤがかかったような空を見上げると花粉症の匝はアンニュイモードです。
それでも昼過ぎに風向きが南風となったのでポタにでかけます。だってタンクロー(双眼鏡)を買ったんですから、使ってみたいでしょ。三ッ池公園までレッツラゴー!


持ち物は、タンクロー、ビデオカメラFM M300。なぜにデジカメでなくビデオカメラなのかというと、鳥の写真を撮るのに200mmまでしかないデジカメでは鳥達が小さくなってしまう。M300なら光学20倍。はっきりいって手持ちでの撮影はつらいんですよ。

80315x_muku2.jpg
鶴見川を下っているとムクドリが隊列組んで地べたの虫をほじっています。暖かくなった啓蟄の候、顔を出したら喰われちゃったっていったら虫にお気の毒としかいいようがないです。とりあえずムクでもいいやとタンクローで覗くと、1羽はムクでしたが、もう一羽は…?わからないなぁ。同定できず。でも、どこかでみたことあるような…ないような…

80315x_hatena.jpg
何者だ、君はっ! ※もしかしたら、ツグミかもしれない…(2008-3-15 23:50追記)

80315x_muku.jpg
それはそれとして、タンクロー最高!きれい!って他の双眼鏡と見比べているわけではないけれど、いいですよこれは。

デジカメもビデオも電子ファインダーでしょ。こういうリアルな見え方って銀塩カメラ以来だなぁ。銀塩カメラをだそうかなぁ。タンクローは8倍なのだけれど、ビデオを覗くと画像の質が悪すぎ。しょうがないよなぁ、電子ファインダーだもの…。

80315x_sekirei.jpg
先を急ぐと水溜りで水浴びをするセキレイ。ホホまで白いのでハクセキレイ。ちゃんと覚えました、完璧です。それでも双眼鏡がないと見分けがつきにくい距離でした。今日はポタにでてよかった、ふんふん。

さらに進んでいきましょう。川にはたくさんのユリカモメがいましたが、途中、練習中のボートに蹴散らされていました。かわいい顔して鳴き声が「ぎゃーぎゃー」ですからちょっとね。

80315x_1.jpg 80315x_2.jpg
さて末吉橋から鶴見川を離れTVKの送信搭へと向かいます。送信搭は三ッ池公園の脇にあるのでいい目印です。匝は今回が三ッ池公園デビューなんですよ。って北門から入れば楽できたのに急な坂を登って正門へと向かってしまったです。

池の周りを歩いて散策。そのあとMV2ことラビィ号で園内を一周して北門へ。その間に鳥を撮りまくり…さぶっ

80315x_kamo.jpg
お手入れ中のカルガモがなんとなくよくってね。写真を撮っている時は感じなかったんだけれど、帰宅後にモニタ一杯で眺めるとなかなかいい感じの写真。特に羽の色合いがいい。デジカメならもっとよかったろうに。それでも今日一番のお気に入り。

80315x_40kara.jpg
鳴き声すれども姿の見えない小鳥たち。やっとシジュウカラをみつけた。2、3羽いたと思ったらジッとしておれない性格なのか、カメラやタンクローを用意している間にどんどんいなくなって…。それでもどうに写真におさめました。背中の黄色とくすんだ緑の色合いがとてもきれいじゃないか。

80315x_kamome.jpg
帰り道、ユリカモメの間へ大きな鳥が着陸。カモメ…、セグロカモメです。遠くてよく写らなかったのですが、首の周りに斑点がある。これは冬羽だけのようで夏羽になると斑点がなくのだそうだ。するとウミネコとの違いがなかなかむずかしそうだけれど、実は足が黄色のはウミネコで赤いのはセグロカモメという見分け方があるそうな。カモメとは大きさが全然違う。手前のはユリカモメだけれど大きさが違うでしょ。

80315x.jpg
今日は花粉にも悩まされず、気持ちのよいポタでした。でっかく、満足です。
でも鳥は朝の方が多いような気がするぞ。

自宅→鶴見川→三ッ池公園→鶴見川→自宅+α
走行時間:1時間27分
走行距離:15.33km
平均速度:10.5km/h
最高速度:24.9km/h
積算距離:256.5km

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/731-f1e0869e