FC2ブログ

削除できないファイルをやっつけろ! 

ひょんなことからいただいたファイルなのだがファイル名とフォルダ名が文字化けし、あり得ないくらい長い名前がついている。そしてフォルダもファイルも開かない…だけでなく、削除も移動もコピーもな~んにもできない。

これは困ったぞ

一部はどうにか名前を変更できたが、それでもどうにもならないものだらけ。

さて、コマンドプロンプトから“DEL”とか“RMDIR”とかで削除しようとしてもダメ。ファイル名を指定しようにも長すぎて打ち切れない。

ネットをさまよい、試行錯誤した上、ようやく糸口を発見。

通常の名前のほかに、DOS時代の8.3形式という名称が裏に潜んでいるというのだ。これを確認する方法はコマンドプロンプトで確認したいディレクトリ(フォルダ)に移動し、次の呪文を唱える。

>dir /x

すると…(例)

2008/3/19 21:00 < dir > .
2008/3/19 21:00 < dir > ..
2008/3/19 21:00 hiraka~1 hirakanaiyo_damedame_mattakuhirakanaiccha…

3つ目のhiraka~1が8.3形式というやつ。その後ろは普通に表示されるフォルダ名(ファイル名)。この8.3形式の名前を指定すると削除などができることがわかったのだ。
ただね、フォルダの中にファイルが入っている場合は削除できないので8.3形式の名前を“cd”コマンドで開いて中身を削除してからディレクトリ(フォルダ)を削除すれば解決できるようだ。

匝はこれでどうにかしました。削除でなく開かなかったフォルダの中身を移動することもできると思うよ。

がんばれぇ~、負けるなぁ~


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/737-c5f1f4c0