FC2ブログ

小田原「まつを」 

昨夜は小田原の社長らと久しぶりに“まつを”にいく。小田原で飲むときの定番の場所だ。

メニューを見ると“シシ鍋”と書いてる。聞くとイノブタではなく、伊豆の猟友会が提供する野生のイノシシとのこと。

「食べてカリッとするものを口から出したら弾だった…ってことありますかね?」
「あらぁ、おもしろ~い」

ま、そんなことはないそうだ。肉を送ってもらう時に大きいブロックで頼むと、お肉が毛皮をまとった状態できて処理が大変なのだそうだ。

80321c.jpg
シシ鍋、登場。赤黒いお肉。赤味の強い味噌。タケノコ、シイタケ、ミズナ、エノキ、大根、人参、ネギなどが入っている。味噌は北海道の味噌を使った特製合わせ味噌。この辺の味噌を使うと塩辛いのだそうだ。

80321f.jpg 80321e.jpg
煮えたぎる頃、お店のおばちゃんがうまく味噌をとかしつつ、全体を崩していく。
ビールを飲んで食べごろを待つ。箱根ラベルのサッポロ。ビール党の匝はサッポロ派なのだ。新地はどうもアサヒが多くていかんな。

80321d.jpg
まずは汁をいただく。う~ん、たしかにしょっぱくない。お肉をいただく。口に入れても獣臭くなく、脂身の少ない、噛むほどに旨みがでてくるお肉だ。食べなれている温室育ち…の豚さんよりも堅い。日頃、山を駆け巡り、天然素材の粗食で暮らし、人間に命を付け狙われてドキュン、バタン。あぁ、命の味がおいしい。

今日もおいしゅうございました。
80321b.jpg


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/740-4de9dac5