FC2ブログ

東京桜めぐりポタ その1 

日比谷ポタのつもりが、結局は係長氏について東京桜めぐりとなってしまった。

集合場所は六郷橋右詰に7時。家を6時35分に出る。だいたい六郷橋まで30分なのだ。

080329_1.jpg
鶴見川を末吉橋まで下る。途中、綱島変電所のマイクロ無線鉄塔と桜を撮る。この無線鉄塔を匝的に綱島のランドマークに感じているところがあるな。


末吉橋から尻手黒川線を通り横須賀線の跨線橋手前で右折。これが間違い。事前の予定では尻手駅手前を右折だったのだが勘違い。途中でおかしいことに気付いた。そこは鶴見市場。八丁畷を通過し、川崎までたどり着いたのが集合時間の7時。

「あちゃー」

焦りは禁物だ。商店街の信号待ちを渋って15号をひた走るが、市役所通りとの交差には横断歩道がないのだった。歩道橋を上り、そして下る。激走の末、六郷橋に到着。15分の遅刻。既に疲労感が大きいぞ。

080329_2.jpg
係長氏と六郷橋を渡り、東京側のサイクリングコースを羽田に向けてゆっくり走る。大師橋手前で振り返ると富士山が近くに見えた。この日は風も弱く、気温も涼しく絶好のサイクリング日和。大師橋付近にはパリーナがいくつか立っている。なかなか興味深いのだが、先を急ごう。

080329_3.jpg
海老取川の弁天橋を渡ると鳥居がある。この鳥居は羽田空港が拡張される前に駐車場の真ん中に立っていたやつだ。羽田に帰って鳥居を見るとホッとしたものだ。戦後、羽田飛行場が米軍に接収された時に撤去しようとしたら事故やらけが人がでたという噂もあり手を触れなかった。拡張の際には盛大なお祓いを行ったとのことだ。ところで最寄の天空橋駅があるが、天空橋という橋はないよなぁ。

東糀谷を通り昭和島へ。ここには東京モノレールの車庫があってたくさんの車両があった。あぁ、かぶりつきで見たかったのだが先に進もう。

080329_4.jpg
京浜島へ渡り、大井埠頭を湾岸線沿いにひた走る。何も考えなくても走れる直線の道。品川埠頭、港南地区を経て、芝浦ふ頭へ。係長氏がお勧めのレインボーブリッジの遊歩道見学のため入口に行くと閉まっていた。営業時間は冬季(11月~3月)は10時からだそうで、今は8時半なのである。またの機会にしましょう。

日の出埠頭に渡るところで、頭の黒い夏羽に変わりつつあるユリカモメを見かける。都の観光船のりばは大盛況。横目に見ながら竹芝埠頭へ渡り東海汽船のりばをを突っ切る。すぐそこは浜離宮。

080329_5.jpg
浜離宮も観光客で大賑わい。大正15年築のアーチ橋、南門橋で休憩。この先には築地市場。係長氏の計画では築地場外で食事とのこと。

80329_11.jpg 80329_8.jpg
80329_9.jpg 80329_10.jpg
匝は築地にくるのは初めて。朝9時過ぎというのに外人も含め観光客が多い。鮨屋はどこも並んでいるじゃないか。丼ものなどもあるのだが、なぜかラーメンをすすることになった。これがさっぱりしていておいしい。何の変哲もないのだけれどね。二人とも汁まで完食です。

80329_6.jpg 80329_7.jpg
匝は走る運搬車が気になって仕方なかった。ナンバーがあるので免許が必要なのだろう。電気で動くのとバタバタとエンジン音をたてているもの。働く乗り物だ。あぁ、なんかおもしろそう。運転してみたい。

9時半出発。築地本願寺と聖路加病院の前を通過。どちらも素敵な建物です。知っている友人もいるが匝はレンガ造りや大正期のコンクリート造りの建物が大好き。築地本願寺は関東大震災後に再建されたオールコンクリート造りの建物で、お寺のイメージとは離れたその威容な建物はすてきさ倍増です。語りはじめると長くなるのでこのへんで。そうそう、ここが西本願寺の別院だったんですよ、係長殿。

あと、聖路加のチャペルがすごくいいよ。今回は写真を撮れなかったけれど近々に出向こうかな。聖路加病院は野戦病院の機能も持ち合わせた先駆的な病院であり、震災時には大いに期待できそう。
あぁ、だめだ。素敵モードが全開になりつつあるぞ。

80329_12.jpg
そして隅田川にでました。MV2ラビィ号と係長号とおそろいで記念写真。こんなところまで来てしまったよ。でも今日はどこまでもいけそうな気がしている。道に迷っても大丈夫。迷ったらUターンという切り札が我々にはあるのだ。対岸は佃島。川沿いを浅草へ向けてレッツラゴー。
80329_13.jpg

って、川沿いに行くはずが匝のひとことで街中を進むことに。係長氏のナビで霊巌島に渡るも次に八丁堀へと橋を渡った。

「さっき渡った橋が左にみえますけど…」

道に迷ったようだ。前に自転車に乗った4人の警官と信号待ち。匝は地図で確認すると後方に進むのが正解だったらしい。そのまま戻るのもしゃくなので反対車線に渡ってから戻ることにした。既に切り札を使ってどうする。警官チャリ4台と匝、係長氏と6台の自転車が縦に並んで道路を進む。さながらRPGの勇者達だ。永代橋が見えてきたところで係長氏が先頭にして橋を渡る。

係長氏としては川沿いを走る予定だったようだが、堤防内側のテラスは自転車禁止。またもやUターンをして隅田川大橋を渡り対岸へ。右岸は自転車走行してよいみたいだ。

80329_15.jpg 80329_14.jpg
川沿いは気持ちよい。働く船がたくさん行き来する。はしけや観光船、水面清掃船も通っていった。それでも観光船の乗客は手を振らないなぁ。振ったら振りかえしてあげたのに。そもそもお子さまが見当たらないか。さて堤防外の道路へ戻るには階段を上ることに。今日は階段を上ったり下りたりが多いよ。

80329_16.jpg
両国橋を渡る。両国橋は武蔵野国と下総国をまたぐので両国橋なのだ。もっとも江戸時代のうちに武蔵野国が下総国の方へ広がってしまったのだけれど。橋を渡った橋左詰の“ももんじゃ”というイノシシ料理屋さんを横切っている時に係長氏の雄叫びが。

80329_17.jpg
見るとイノシシの逆さ吊りがあるじゃありませんか。どうも偽物らしい。でもインパクトある。今度、食べる?

80329_x.jpg
総武線をくぐると両国駅と国技館が見える。国技館よりも両国駅駅舎のアーチ窓に風情を感じます。

【つづく】


自宅→川崎→築地→浅草→上野→皇居→
九段→外苑→青山→品川→池上→自宅
走行時間:6時間59分
走行距離:90.52km
平均速度:12.9km/h
最高速度:35.4km/h
積算距離:390.0km

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/752-c64b8325