FC2ブログ

藍藻戦 開戦 

イモリ水槽はフタの設計・製作が進まず、いまだにイモリのカルボさんはプラケースの仮住まいだ。

イモリ水槽自体はリセットし、アヌビアス・ナナ、ウィステリア、アナカリスの水草だけが入っている。ウィステリアとアナカリスはアカヒレ水槽から移したもので、しっかりとヒラマキガイが取り付いていたらしく、イモリ水槽内でも大活躍?である。

というのもナナについていたコケ類の除去が不十分で、ひげ状の茶コケのみならず、憎っき藍藻も発生。藍藻は水槽のガラス面から徐々に底砂を覆いはじめている。

水質はアルカリ度も含め良好。ま、生体が石巻貝とヒラマキガイしかいないのだから当然かも知れない。ただリセット時に底砂を洗ったものの一部はそのまま使っているのがよくなかったかな?

いずれにせよ、藍藻をどうにかするべということで、昨夜は木酢液を原液で数箇所藍藻の広がるあたりの底砂に注入。今朝みたけれど変化なし。再度注入し、夜は水換えついでに底砂の清掃もやろう。

藍藻は水槽手前側に発生していて、もしや日光がこの部分に差し込んでいるのかな。かな?

ところで藍藻は青海苔のような緑色でべたっとしているのだが、シアノバクテリアといわれる細菌で植物とはちと違う。なのでコケとは厳密に違うのだ。でも地球史上初の光合成を行う生物といわれている。

ま、コケっぽいので“藻”とされ、シアンから“藍”の字が当てられて“藍藻”になったのかな。ちなみに“藍色(らんしょく)細菌”とも言われる。

日本語はおもしろく“青”の意味にはgreenも含まれるんです。たとえば青信号は緑でしょ(厳密に含まれるのか?)。あと野菜を取り扱っている市場は青果市場。青々とした森など。
だからblueを意味するのは“藍”なのかも知れないが、藍藻は毒々しいほどの緑なんだよなぁ。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/760-8d95c9e1