FC2ブログ

高幡不動・深大寺ポタ 

係長氏とのポタリング第2弾。今回は深大寺そばを食すポタなのだ。

待ち合わせは8時に新地の会社。時間に余裕を見て家を7時に出発。
矢上川、江川ルートで新地へ向かった。矢上川を走っているとコイがバチャバチャと群れていた。産卵シーズンです。生命が沸き立つ季節です。
80412a.jpg

7時50頃に会社に到着。既に係長氏は到着していて社長と懇談中。社長より激励の言葉を
賜り8時に出発した。



二子橋を東京側へ渡り、兵庫島からサイクリングロードを上る。天気はうす曇だけれど晴れの予報だ。匝は自転車で二子橋より上流へは行ったことがないので、見る景色が新鮮だ。
80412b.jpg 80412c.jpg
川崎の二ヶ領用水のための宿河原取水堰を通過し、京王閣競輪場あたりでよみうりランドを遠望する。是政を越えて南武線をくぐると「ファウルボールにご注意ください」の看板が並ぶ。グランドの脇を走っているのだ。
80412d.jpg 80412e.jpg
サイクリングロードは堤の上に上がったり川原へ下りたり。関戸橋手前でまた下りる。
左岸の緑の丘陵地帯に聖蹟桜ヶ丘の街が現われた。この街はあれだ、“耳をすませば”の街だよね。
ふんふん、給水搭がきっといい感じなんだな。行った事がないけれど。
京王線の橋をくぐり抜ける。緑とオレンジで縞々です。
80412f.jpg 80412g.jpg
五本松でしばし休憩。ここで匝は是政を越えたことを知る。
「おう、まだ9時過ぎだから時間的に早すぎるだろう」
いやいやいやぁ、既にポタリングの距離を超えはじめてますが…。
「前回だって90キロやろ。今回はそれより短い」
むむむ。で、どちらへ?
「立川か、高幡不動」

二人でなんか速度が速いという話をしたらお互いがお互いを「速いから」というのです。反省点としてはこれからは17キロくらいまでにしようということに。

そして出発。おいしくおそばを食べようとやや朝食を抑えたので、パワーが切れ掛かっている匝です。
セスナが飛んできます。調布飛行場が近い。エンジン音が心地よい(ま、住民としてはお困りだろうな)。
80412h.jpg 80412i.jpg
途中サイクリングロードが切れて住宅街の中を走り抜ける。再度、多摩川へ出ると遠くに多摩モノレールが多摩川を渡るのが見えた。匝はモノレール好きですから。
日野橋を左岸へ渡ります。橋の左は中州が見え、右には多摩モノレールを見ることができます。
80412j.jpg

多摩モノレール甲州街道駅を通って高幡不動へ。
高幡不動は土方歳三の菩提寺とのこと。五重塔のもこもこしたシダレ桜がきれいでした。
80412k.jpg
でもさすがに電池が切れかかってきたのでまんじゅうを買うことにした。茶まんじゅうと白まんじゅうとあった。ひとつ買うのもはずかしいのでそれぞれ各一つを買う。茶まんじゅうはきっと抹茶のまんじゅうなのだろうと思っていたら、茶色いまんじゅうだった。そもそも茶と茶色はなぜに色が違うのか…と、悩んでいるわけにもいかず。ふたつとも食べて10時過ぎに高幡不動を後にした。
80412m.jpg 80412n.jpg
多摩川の支流、浅川を下る。日野バイパスの通る石田大橋で多摩川を渡り、一路東へと進むが中央道の国立・府中インター付近で迷走することに…。
「ここどこですかぁ?」
「俺に聞くなぁ。困ったらUターンだぁ」
どこなんだろうなぁ、ここ。
80412p.jpg
迷走の末、甲州街道へたどり着いた。さらに東へと進む。途中の信号待ちで係長氏が…
「車で4キロだって書いてあるぞ。歩いたってなんだって4キロじゃんな」
やや疲労気味の匝はポカンと眺める。
「おっ、下に10分って書いてあった。車で10分だったかぁ」
自分でボケて自分で突っ込んだ係長氏。ネタのために写真を撮っておいた。
80412q.jpg

甲州街道から浅間山通りというところに入ると一路、多磨霊園だ。もうそこいら中、墓、墓、墓。立派な墓から普通の墓まで各種並ぶ。胸像のあるものもある。壁型墓所もあった。とりあえず多磨霊園内を1周。読経の声響く横を自転車が駆け抜けるのもなんだか。
80412r.jpg
多磨霊園を北から出て武蔵野公園へ。どうにか残っていた桜の花も吹かれる風にハラハラと雪のように散っていて土の道を彩っている。そしてそこは武蔵野の林が広がっていたのだ。
80412t.jpg
匝の素敵モード発動!
あ~、なつかしい~。すんばらし~い。キョロキョロと首を左右に振りながら景色を堪能。
野川へでてお隣の野川公園にはいると、ますます素敵モードがレベルアップ。
80412u.jpg

いいよーここぉー

牧歌的な野川沿いを自転車で走りぬける。桜並木が最後の花びらを散らしてくれている。もう気分は凱旋気分じゃないか。

野川公園を抜けたあたりで先の道に不安があって立ち止まる…。
「飛行場はあっち」
そんな声が背後から聞こえた。お母さんの引く自転車後席に乗っていた女の子だ。
「あっちだよ」もう一度言う。
「えっと、この先はいけるんですか。それともこの橋を渡ったほうがいいですか」
そう匝が問いかけるとお母さんが…
「どっちでも大丈夫ですよ」
「飛行場へいくのは?」
「このまままっすぐです。私達はそこからきましたから」と微笑んでくださった。
お礼を言い忘れちゃったな…。
80412v.jpg 80412w.jpg
野川右岸を進んでいくと有名そば屋の地球屋を発見。記念写真だけ。だって高いんだもの。混んでいたし。
80412xa.jpg 80412xb.jpg
野川から離れしばらく走るその先には調布飛行場。プレハブのようなターミナル。小さい管制塔。セスナなどのプロペラ機がいくつか駐機していた。大島日帰りも可能だぞ。片道1万円しない。

「おっ、電話だ」

でるとうふふな人から。紹介したまぐろ丼の店にいったかの問い。今日はそばなんだよね。聞いたら自転車で足柄までうどん食べに行く途中、雨が降ってきたのでUターンして今は城ヶ島とのこと。全然Uターンじゃないし。まぐろ丼の話、もしや今、三崎でマグロを食べたから思い出した?とちょっと勘ぐる。次回は鎌倉かもっていうと「俺も参加する」そうな。ロードバイクでは参加しないでよ、匝はミニベロなんだから(ミニベロで鎌倉までいくかなぁ)。

時計は12時だった。まんじゅう電池は長持ちです。あぁ、飛行機がとぶー。匝の素敵モードは振り切れましたが、係長氏が先に進むので後ろ髪引かれつつ出発。
80412xc.jpg
途中、調布飛行場の門柱がありましたが“東東調布飛行場”と書かれていました。本当は“東亰調布飛行場”と刻まれていたそうな。誰かがイタズラしたとのこと。
80412xcd.jpg 80412xd.jpg
12時半に深大寺に到着。境内を散策する。その後、そば屋へ。途中目当ての“湧水”というそば屋は並んでいたし他の店も待たねばならなかったので、適当なそば屋へ入りました。
80412xe.jpg 80412xf.jpg
そば大盛。係長氏のおごりで地ビール1本。ビールをよくみるとホッピーの瓶です。実は中身はホッピーベース…?ちなみにそばは不満度が高く、せっかくの素敵モードがダウン。
80412xg.jpg 80412xh.jpg
門前の店をながめても池の亀を眺めても、鬼太郎の下駄を見上げても怒りがおさまりません。
80412xi.jpg

「じゃ、湧水を覗くか。まだ腹には若干の余裕があるから」
と係長氏のやさしいフォローが。

湧水へいくと先ほどと打って変わって空席が目立つ。すぐに入れました。ホームページで印刷した羊羹サービスの紙を渡します。

「お茶から違うな」とは係長氏。
80412xk.jpg 80412xj.jpg
そばを汁につけて早速食べると、まったく汁が違う!コシもそれなりに。麺も太さがまちまち。
少なくとも前回のそば屋は普通に食べられる立ち食いそば屋並。でもいちばん気に入ったのはサービスの羊羹。3切れもあるし、ほどよい甘さ。おいしゅうございました。ちょっと体が重たいのは気のせいではありません。店を出るときは今度は並んでましたYO。
80412xm.jpg
ご機嫌になって野川へ戻り二子玉川まで下ります。途中は子供たちが川で何かを網で取っていたり、菜の花の香りの中を進んだり、大満足です。鶴見川もこれくらいならいいのになぁ。
80412xn.jpg 80412xp.jpg

川べりの親子が印象的。
『時間というものは連続性のある流れのようなものではなく、その時間ごとに区切られた一つの時間平面を積み重ねたようなものなんだ』
お父さん、いきなりむずかしいこと言い出した。
80412xq.jpg
『時間はあの川みたいにアナログじゃないんだ。その一瞬ごとに時間平面が積み重なったデジタル現象なんだ。わかったかい』
どっかで見聞きした会話が勝手に脳内で繰り広げられた親子の会話だ。

80412xr.jpg
野川のソコここで写真を撮っていたら係長氏に置いていかれた。途中で後ろにいないことに気付いて途中のベンチで待っていてくれた。一緒に一休み。ついでに写真も。

一息ついて進むと電柱が異様にたくさんある地帯を発見。係長曰く「電柱の試験場」なのだそうだ。
80412xs.jpg

しばし走っていくとまたまた道に迷う。宇奈根を走っているとなぜか多摩川へでた。なんでかな。再び朝来た道を通り兵庫島と二子橋を走りぬける。そして新地で反省会。

ここで食べた餃子と皿うどん。特に皿うどんは多すぎでした。帰路、自転車の前傾姿勢がひどく苦しい。急ブレーキするとでそう…。

多摩川サイクリングロードを走り、係長氏とは等々力で別れ、小杉、元住吉を通って帰宅しました。

慶応の馬場では乗馬の練習が朝から続いているようでした。
うん、今回もちかっぱ素敵モードばっちりです。
80412xt.jpg
素敵モード、喜びの踊り。


自宅→二子玉川→高幡不動→深大寺→二子玉川→自宅
走行時間:5時間54分
走行距離:88.18km
平均速度:14.9km/h
最高速度:34.9km/h
積算距離:509.6km

スポンサーサイト



コメント

お~
今回も結構走りましたね~
それにしても蕎麦2回戦ですか!!
恐るべし!
メタボチーム!!

昔の人は言いました。
「食べないで後悔するより、食べて反省」と。

鎌倉は大岡川を上っていくルートだそうです。集合は横浜周辺。日程は後日。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/773-0787ba06