FC2ブログ

振り込めサギ<追記版> 

日曜午後から頭痛と節々が痛く食欲もないという体調不良。なんでもいいので我が家最後のカゼ薬を飲んで寝る。昨日は倦怠感と節々が痛いが食欲はやや回復し、とりあえずカゼ薬を購入し飲んで早寝した。

書きたいことはたくさんあるのに…
ということで、先日、銀行に行ったときの話。

相変わらず電話での怪しい電話でお金を振り込んでしまう事件の話題になった。

銀行では結構見知ったお客もいるようで、そういう客がそわそわしていたり窓口から大口の送金依頼がある場合、事情を聞くのだそうだ。

「○○さん、どうされましたか?」
「いや今、京都の息子から電話があって事故を起こしたからお金を送ってくれって…オロオロ」
「あら、そうですかぁ…。ところで息子さんいらしましたっけ?」
「…!」

という笑い話のような笑えない話。
それからサギの可能性があるから確認した方が良いと忠告しても
「自分の金なんだから関係がないだろう!」
と怒鳴られたりして、しかたなく銀行からその息子さんに確認の電話をいれることもあるのだそうだ(このへん、個人情報保護はどうなるのだろう…)。

かなり前に聞いたので記憶に不確かなところがあるが、ま、こんな話だったと思う。

話していてある傾向がみられることがわかる。
実は息子から母親またはおばあちゃんのパターンが多い。
娘からお父さんということはない。お父さんに叱られるとかではなく、もしかしたらお金の送金の仕方がわからないとか…。
息子から父親…?ぜったいにありえそうにない。

小田原の社長の奥様も息子から携帯電話が変わったという電話があり、その後風邪をひいて会社の先輩が代金を立て替えたとかいう電話があって、一時すっかりだまされていた。
娘さんが「○○ちゃんは、こないだ携帯代えたばかりじゃん」といわれて詐欺に気付く。

その後、電話がかかってきたのでおもしろがって社長が出たらガチャ切りされたそうだ。それっきり、連絡が途絶える。やっぱ父はだめなんだな。

そういや、かなーり前、オレオレサギが流行った頃に知人親子の対策がおもしろかった。

「おっ、おやじ?オレだけど」
「おう、とりあえずコールサインいってみな」

とハムのコールサインを電話でやりとりなんだそうだ。

ま、みんな、気をつけようね。


2008-5-20 8:15 追記

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/846-259113fe