FC2ブログ

水草と知るは一時の恥 

昨日は小田原。家からウィステリアとアナカリスを数本持っていって社長の家の庭に置かれている池代わりの浴槽に植えた。すでにメダカがボウフラ対策で入れられているのだが、いい生活しているのか丸々と太っている。ここには最初ホテイアオイが浮いていて、例のハナアブの幼虫ことオナガウジが発生したところでもあります。

ホテイアオイをそのままにしていたので水に溶けてしまい、水が濁ってしまって水草植えても光量が不足するかも。ウィステリアは光量が少なくとも育つから大丈夫?
屋外だし日光も差すからな。お邪魔な小さい浮き草だけは大繁殖しそうな予感。

午前中に電気屋さんがきて一緒にお茶をする。
最近のお子さまは生き物と接する機会が少ないという話になる。

カブトムシはデパートで買う。
土はお店で買う。
カブトムシが動かなくなったら電池を交換する…?

そういえばまだ、インターネットが流行りだした頃。友人のネット回線の設定をしていて
「ここの回線、遅いなぁ」といったら
「あっ!ごめん。電話線を踏んでいた」と足を上げた姿を見て、しばし冗談なのかまじめになのか思考停止したことがあったっけ。ここ、ツッコムとこ?

ま、知らない事を笑っちゃいけないよ、と電気屋さんは言っていた。
埼玉出身なんだけれど、殻が1枚の貝を小田原にきて始めてみたのだそうだ。質問したら怪訝そうな顔をされたとのこと。

そういえば、先日。谷やんと食事した時、シチューやカレーに葉っぱが入っているというので
「ほう、ちゃんと月桂樹をいれているんだ」
というと
「いや、月桂樹じゃないですよ。ほら、何ていったかなぁ、日本語じゃないです」
「ん~、モロヘイヤ」
「モロヘイヤ入れてどうするんですか?ほら、ク、クがつくんじゃないかな」
「ク?クゥ、ク、ク、ク…」
二人、鳩首してクックックとはちょっと微笑ましい。

谷やんが「思い出した!ローリエですよ」
「あぁ、そんなのあったね。ローリエ。月桂樹じゃなくってね」
二人で解決の喜びをする。
「ところでローリエってどんな葉だっけ?」
すると谷やんが、こんなんですと説明。よくわからないのでPHSでネット検索。wikipediaがヒットする。

“ローリエ(仏語:laurier)とは、月桂樹の葉を乾燥させた香辛料である…”

ローリエと月桂樹って同じもんじゃーん!
知らないって無敵です。お互いどっかで恥じをかかずによかったです。
ここで書いちゃったけれどさ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/848-35b69d8e