FC2ブログ

点と線 そして面? 

昨日は観音崎までポタってきて、走りながら考えた。

かなり昔から旅の形態は、点と線とがあるのだと考えている。
目的地までサッと行って、観光するなり楽しんだ後、サッと帰るというのが“点”。
目的地までの往復の旅程を楽しみながら行くのが“線”。

自転車でも走り屋さんはある目的地を目指して基本的にはひたすら走る。走る喜びってやつですか、走るのが目的みたいなところがあるのかな。ある意味では“線”なのかもしれませんが“点”なのでしょう。

ポタリングなんかは極端な話、目的地はなくてもいいので、それこそあっちふらふら的な走り方で素敵ないろんな出会いや発見があればいいという意味で“線”なのだろうと思う。

東海道を走るというのも紀行っぽいなら“線”なのだろう。

じゃ、“面”は?面というのはあるのかな。まだまだ経験が足りんです。

う~ん、そういや観音崎からの帰路、16号を走っていて坂を上りきったところで眺めたランドマークはじめみなとみらい地区って、ヨコハマ買い出し紀行っぽかったぞ。

と、いうわけで観音崎ポタは準備中です。


スポンサーサイト



コメント

さっと行くとなると飛行機ですが
自分は飛行機に乗る行為自体が好きですね~
なんとなく新幹線はサラリーマンのネガなオーラが多いですが
飛行機は観光客のポジなオーラが多い気がするんだよな~

線の意味も人それぞれでしょうが、移動中眠りっぱなしはモッタイナイですよね。
乗り物好きジャンルもあるので、移動中も自分なりに楽しめていればオッケーかと。

匝も飛行機好きです。ジャンボより小型が、ジェットよりプロペラがいいですね。YSはプロップジェットというものですがね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/876-fb91e31c