FC2ブログ

小田原「魯風人(ろふと)」 

小田原でたまには違うところでランチをしようということで、魯風人(ろふと)に行ってきた。
80619a.jpg
タンシチューはまずまずおいしいお店で、ランチにはサラダバーやドリンクバーもある。デザートもついてはいるもののランチとしてはややお高い。1480円以下のものはランチメニューになかったような気がする。

入店後、まずまずの混み具合。でも見える限りすべておばちゃん。若い女性もいないのだ。
魔女の集会かと思いましたよ(おいおい)。お金に余裕があるのでしょうなぁ。

匝は今日のお肉ランチということで、チキンの香草焼。
もうひとりはハンバーグにするということだったけれど、メニューを見たら“牛タンと鳥のハンバーグランチ”と書かれたもので悩んでいた。

はて?牛タン、そして鳥のハンバーグの2品がついているランチなのだろうと匝は思った。相方は牛タンを鶏肉を一緒にミンチにしたのではないかと言う。

ようし、店員に確認しよう。そして疑問を投げかけかけると店員のおばちゃんは…
「すみません、入ったばかりでよくわからないんですよ。多分ですね、一緒にハンバーグにしたものですね。そうです、そうなんですよ」

いささか頼りない返事、かつ自分を納得させているような気もする。おそらくひとつのハンバーグと考えた根拠は、給仕している中で牛タンとハンバーグのふたつが入ったものを見たことがない。そういうことなのかも。

とにかくそのハンバーグランチを頼んだ。
サラダバーではいつもマカロニサラダでお腹いっぱいの後悔をするので今回は我慢。
80619b.jpg
まずは問題の牛タンと鳥のハンバーグランチが登場。
白いハンバーグにバジルソースがかかったもの。少しいただいたのだが、魚肉ソーセージをハンバーグにしたような食感にジューシーさと妙な弾力を感じるのは牛タンなのかもしれない。匝には食感がちょっと苦手。でもお味はまあまあ。相方も微妙だが、まずくはないという及第点。
80619c.jpg
さてチキングリルです。うむむむ、パサパサしていて繊維方向以外に切るのが難易。
味気もないし、ジューシーさもない。そういえば社長の奥様がランチはハンバーグ系にしたほうがよいというアドバイスがあったよなぁ。匝はハンバーグを好まないのだが、これは失敗であった。
80619d.jpg
最後は盛りだくさんのデザートを食べて、午後の勤務です。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/881-237fb8ae