FC2ブログ

キュウリアルコール 

ある暑苦しい日、暑さ(湿気)に弱い匝はあえぎながら仕事をしていた…というよりも仕事にならなかった。

「地球温暖化対策のためにエアコンで地球(部屋)を涼しくしよう」という提案は却下され(笑)、かわりにおやつとしてスイカがでてきた。季節の野菜はその季節に合わせた効能があって、スイカはカラダを冷やします。ちなみに牛乳やビールもカラダを冷やすんですな。

スイカをむしゃぶりついていると谷やんは食べない。
「スイカ食べないの?」
「うん、この香りが嫌い」
なぬ!この夏の香りが嫌いとな。さらにはメロンやキュウリも苦手なのだそうだ。
まったく、好き嫌いの多い人だ。

スイカ、メロン、キュウリ共にウリ科の植物。調べるとキュウリの香りはキュウリアルコールというものなのだそうだ。スイカ、メロンも同様の成分があるのかもしれない。

キュウリ、スイカは90%以上が水分。スイカはカリウムを豊富に含み夏バテにも効くとのこと。そして両方ともカラダを冷やす効果があるらしい。

キュウリにもカリウムは含まれるが他の栄養素と共に含有量が低い。そのくせビタミンCを分解する酵素などというものを持っている。これは加熱や酢によって抑制できるので、キュウリの酢の物というのは生活の知恵なのだ。

そういえば90%以上が水分というのはクラゲもそうだな。どこかで聞いた話、クラゲを飼っていて途中で死んでも水に帰るだけなので死体はなくなるという話を読んだような。
うちのアカヒレもいつの間にかいなくなっているときがあります(おいおい)。

やっぱ、夏は公園で夕涼みしながらビール片手に、キュウリに金山寺味噌をつけてボリボリというのがおつってもんです。

そういえば昔、さくら水産でメロンの風味のする“かっぱ割り”というキュウリの千切りの入った焼酎水割りがあった。あれは微妙だった。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/889-fdf874a4