FC2ブログ

会社への「教えてください」電話 

昨日、会社で問い合わせの電話が掛かってきた。
若さまが電話を受けたのだが技術の人にまわす時に妙なことを言っていたので、とりあえず匝が出た。

それは好々爺風のおじいちゃんの声だった。
「圧力の計算方法を教えてほしい」
普通なら会社名とか名乗るのだが名前すらいわない。
「どういったことですか?」
「実は孫(子供だったかな?)の勉強でわからないところがあって…」
電話の向うで苦笑いしているのが見える。
「こちらは会社ですから、ご自身でお調べになっては?」
「そうですかぁ。こういうのはどこに聞けばいいのでしょうか?」
「学校の先生とかに聞けばいいんじゃありませんか」
いやぁ、冷たい言い方ですな。ちょうど不機嫌だったこともあります。

そもそも勉強と言うのは自分で行うものであって、ご家族が教えるのは構いませんが、何をみればわかるとか、どこに聞けばわかるとかというアドバイス程度をして本人がそういうのを調べなければ身につきません。

まして圧力(ここでは圧力としましたが、実際はもうちょっと専門的)の計算というのは高校レベルではちょっと習わない範囲。具体的な質問を聞いていないので、本当に初歩の圧力計算だったかもしれません。

通販部も企業向けに行うのですが、個人にも販売するでしょう。大人からの質問はご自身で解決してもらい、夏休みの自由研究に燃える親からの質問もご自身で解決してもらう方針です。

でも、小中学生からの直接の質問がきたらむずかしい。まず質問の仕方から教えてあげないといけないかも。そのあと、こども電話相談室とか子ども科学電話相談みたいになってしまったり…。

知り合いの会社にある「掲載の質問メイルの書き方」
http://www.madlabo.com/mad/question.htm

こちらもいろいろと質問メールがくるようです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/890-b4d41706