FC2ブログ

気象衛星 クリックで救ってあげたい 

金がなくて日本の気象衛星「ひまわり」が打ち上げられないだと?


気象衛星が消滅の危機、「ひまわり」後継機に予算集まらず
7月5日14時46分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080705-00000027-yom-sci

気象庁が6~8年後に打ち上げを予定している気象衛星「ひまわり」後継機2基の調達の見通しが立たず、30年以上も日本の空を宇宙から見守ってきた気象衛星が消えてしまうかもしれない事態に直面している。

現行2基の予算の7割を分担した国土交通省航空局が計画から外れることになったため、管理運用を含め1基400億円とされる予算の確保が気象庁だけでは難しいためだ。

ひまわりを失えば、国内の天気予報の精度が落ちるだけでなく、観測網に空白が生じ、アジア・太平洋地域の台風や豪雨の監視に支障を来す恐れがある。

ひまわりは故障に備えて2基体制で、現行の6号と7号はともに2015年に寿命を迎える。衛星の製造は5年かかるため、8、9号の関連費用を来年度予算に盛り込む必要がある。

6、7号の時は、気象以外に航空管制機能を搭載することで旧運輸省航空局の予算を捻出(ねんしゅつ)した。だが、国交省は「次世代の管制通信方式が議論中」との理由で、後継機では航空管制機能の相乗りを見合わせた。同庁は民間との相乗りを模索したが、協力は得られなかった。

99年に5号の後継機打ち上げが失敗した際、米国の衛星の軌道を変えて日本の観測を2年間代行させたが、米国からは「次に似た状況になっても1年限り」とくぎを刺されたという。

ひまわりは海面水温などの地球温暖化にかかわる情報も集めている。同庁は「観測が滞れば国際社会に迷惑がかかる。打開策を見つけたい」としている。

最終更新:7月5日15時4分

おいおい、もう金の問題じゃなかろーもん。400億円といったら気象庁の年間予算の8割にもなり、とても気象庁の通常予算だけでは打ち上げできないだろうが、台風や集中豪雨などの災害防止に必須であり、国防やアジア諸国へのデータ配信での貢献まで戦略的に考えれば高いものじゃない。

こういう時こそ政治判断であろう。
まさか復興費目当てじゃなかろうな。防災は企業の収益になかなかなりませんからね。

日本国民1億人として400円。5年の運用期間を考えれば1年で80円。既に米国のスーパー301条で国産技術での打ち上げが困難となったが、日本で保有する気象衛星までなくしてどうする。

あぁ、クリックで救ってあげたい。
(その前に400億円を削る努力と前回の失態(発注会社どたばた後の倒産)とならぬようしっかりしたものを気象単独でつくってほしいな)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/900-82ecc152