FC2ブログ

かっぱの会 あんど不思議探索 

7月12日土曜日。蒸し暑い日だった。
この日はかっぱ寿司の大株主(?)ことサクッちが株主優待でおごってくれるというので、高氏夫婦と共に食べに行くことになっていた。

11時、川崎集合。高氏夫婦はやや遅れるも、まずは昼食として地下街アゼリアの“たらこ屋”で和風スパゲティを食べる。そしてこの時みた不思議なもの…カレー南蛮パスタ。石焼ビビンバのような器でグツグツ煮えたぎるカレーの中にパスタが入っていて、それを箸で食べるのはちょっと違和感が…。ツルッとしたパスタを箸から滑り落ちるとアツアツのカレーが飛散して悲惨な目にあいそうだ。危険、危険。
80712f.jpg
小腹を満足させ、西口から川74系統の市バスで東芝科学館へ。車窓から昔話をしていく。
この道の右側は東芝の工場の壁があったとか、ガラス張りのビルのところには明治製菓があった。多摩川堤防際のマンションのところは町工場があった。河原町団地は相変わらず大きいとか、赤札堂はマンションになっちまったかなどなど。目的地の“東芝科学館”バス停は“小向交番前”だったような…。
80712a.jpg
東芝科学館…、はじめてです。東芝の研究所に併設でここに昔、実験用原子炉があったんだよなぁ(今は浮島だっけ?)。巨大なパラボラアンテナとかもあったっけ。

中に入ると小さい科学館。バンデグラフで静電気や超電導の実験などを見学するも、匝の素敵モードは次の3つであった。
80712c.jpg
50KWの電球。点灯するところは見なかったのが残念。さぞかし明るかったことであろう。
80712d.jpg
浮かび上がる像。凹面鏡を使った虚像の実験。折り鶴のほかに500円玉があるのは匝のお金です。
高氏はターバン野口を入れたらどうだ、と言っておりました。写真だと立体感がありませんが、実際は立体に見えます。
ご家庭で実験したい方はこちら(日本ガイシ)をご参考に。さらに驚愕の実験は最後に記載。

80712b.jpg
弓曳き童子
もっとも感動した一品。矢を掴み、矢を放つ機構、矢の台が1本取るごとに位置が変る機構。
それに童子の顔が角度により表情が変わる美術的(能面)な表現。すんばらしい!

東芝科学館のすぐわきに川崎行きの東急バス停があることが判明。時刻表を見ているうちにタクシーが通過。あのタクシーに乗ればよかったのでは?かっぱ寿司は平間の方なのだが反対のバス停はどこだろうと探しているとバスが来て反対車線の電柱付近で止まる。
なんと電柱に隠れてバス停が…。いったい何をやっているのか。結局、タクシーが来たのでそれに乗ってかっぱ寿司へ。
80712e.jpg
お腹いっぱい食べましたね。サクッちごちそうさまです。大株主は違いますな。5000円分の金券がもらえるとは。

今度は南武線で川崎へ戻り、ヨドバシで疲れた足をマッサージ。極楽です。
次回あたり匝がご招待しましょう。どこかに銀座ライオンの1万円分の金券があった気がする。


おまけ:凹面鏡の虚像でもっと大がかりな実験として球体の鏡の中に入ると何が見えるかは次の動画が参考になるでしょう。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/912-5da07d1e