FC2ブログ

食べ物の恨み 

先日お願いして買ってきてもらったマニア(?)必唾の“あくまき”。
もち米を灰汁に一晩漬けた“ちまき”と“ういろう”を合わせたような九州南部独特の食べ物。匝の母が宮崎出身でもあるので“あくまき”が好きなのだ。

wikipedia“あくまき”
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%8F%E3%81%BE%E3%81%8D

これをわざわざ買ってきてもらった。きなこ砂糖のためのきなこがないため、しばし置いておいたところ冷蔵庫に入れた“あくまき”が消えていた。

「“あくまき”知らない?」と匝父に聞く
「あぁ、食べちゃった」
「なぬ!」
「なんかおいてあるなぁと思って、食べちゃってもいいのかなと。“あくまき”で旨くないと思いながらたべたよ」
「待て、あれはわざわざ買ってきてもらったものなのだ」
「そうなの?悪いことしたねぇ」
「そもそも、もち米なのだから一人で1本食えないだろう」
「無理して半分食ったが、残りは捨てた」
うっきー!!
ここは朝から親子ケンカである。
一応、取り寄せることとしその代金(推定400円+送料1000円)を匝父が負担することで妥結した。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/921-3056cb53