FC2ブログ

次世代宇宙輸送機は日本製か? 

昨日のいくつかのニュースによれば、スペースシャトル退役あとの後継宇宙輸送機に日本が開発中のHTV(H-II Transfer Vehicle)がNASAでも採用を検討しているらしい。


米シャトル後継候補に日本の無人宇宙輸送機、NASA打診
7月20日3時1分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080719-00000045-yom-sci

2010年に米スペースシャトルを退役させることを決めた米航空宇宙局(NASA)が、シャトルの後継宇宙輸送機として、日本が開発中の無人宇宙輸送機「HTV」を購入する検討を始め、宇宙航空研究開発機構に打診していることが19日、明らかになった。

 シャトル退役で、国際宇宙ステーション(ISS)に送る水や食糧、実験機器などの必要物資のうち、米国が責任を負う物資を輸送できない恐れが出てきたためと見られる。

 世界最大の宇宙機関が日本の技術力を高く評価した形だが、HTVは1機約140億円で、これほど大型の国産宇宙機器を海外に販売した例はない。売買契約が締結されれば、50年にわたる日本の宇宙開発史上初の超大型取引となる。

 宇宙飛行士が長期滞在しているISSには、日米欧露が分担して必要物資を輸送している。現在稼働中の輸送機は、有人宇宙船のシャトルとロシア「ソユーズ」、無人輸送機のロシア「プログレス」と欧州「ATV」の計4機。HTVは来年秋に初号機の打ち上げが成功すれば、年1機のペースで打ち上げられる予定だ。

 NASAがシャトルを10年に退役させるのは、高コストで安全性にも問題が残るためだ。しかし後継の物資輸送機の運用が始まるのは早くても18年になる見込みで、NASAは、空白期をHTVで埋め合わせる検討を始めた模様だ。

 宇宙機構によると、NASAから今年2月以降に打診があり、非公式の折衝を続けている。文部科学省宇宙利用推進室は「国内では(HTV購入の)可能性に期待感があることは承知している」と話している。

 ◆HTV=宇宙航空研究開発機構と三菱重工業、三菱電機などが開発している。長さ10メートル、直径4・4メートルの円筒形で、最大6トンの荷物を積み込める。HTV用に開発中の大型ロケット「H2B」に搭載。

最終更新:7月20日3時1分


NASAもHTVをHIIで打ち上げるのだろうが、打ち上げコストをケチるために米国でHTVを打ち上げるということはあるのかな?ま、いずれにせよ、日本の技術は従来も高かったものの商売には結びつかなかったので、これはよいことかもしれません。ま、宇宙ステーションの光熱費などと相殺されるとの話もありますが…

ところでNASAはスペースシャトル運用中に輸送船の開発を全然していなかったとは驚きです。ロシアは旧ソ連時代にアメリカに対抗して宇宙往還機“ブラン”を試作したもののコストが見合わないため中止(ちょうどソ連崩壊時でもあった)。日本でも往還機のHOPEもコスト面などの理由で中止(だったかな)されてますしね。シャトルはいろんな意味でコストが高いものだったわけだ。

HTVもロシアのプログレス同様使い捨て。はて、アメリカはシャトルなき後、どうやって要員を宇宙ステーションまで送るのかな?

JAXAのHTVについては、こちらからCGがみられます
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/924-c1e90438