FC2ブログ

つばさ公園ポタ だって走りたかったんだもん 

むずむずと自転車MV2に乗りたい気分と、蒸し暑さに負け気味の自分との戦う戦い。
とりあえず1ヶ月近く遠乗りしていないので、チェーンに注油して慣らし走行をすることに決めた。
どこへ行こうか?それだけで2時間くらい悩み(苦笑)、羽田へ行くことにした。この時はもっと近く感じていたのだよ。
久しぶりの走行のためか、愛車MV2がポコポコと異音を立てている。大丈夫なのか…?
80727a.jpg
いつもの無線鉄塔をバックに愛車を撮影。このまったくなっていないアングルから暑さでやる気がないのが窺えよう。輝ちゃんに電話してみた。うだっていた。匝も末吉橋手前で心の翼が折れかけていた。

とりあえず六郷橋まで行って考えよう!
午前10時28分。横浜の気温29.3℃、湿度72%。どんよりした雲と霞に街が覆われていた。


80727b.jpg 80727c.jpg
尻手黒川道路を横須賀線の跨線橋を越え、南武線に沿って弧を描きながら川崎へ向かうルートをやっと間違えずに走りぬける。チネチッタの裏を通り、旧東海道を走り抜けると六郷橋だ。
まだまだ曇っていて、日差しがない分走りやすいかな。念のため日焼け止めは塗ってある。でも帽子を被っていない。むむむむ。
80727d.jpg
六郷橋を東京側へと渡り、サイクリングロードを大師橋へと向かう。この暑いのに野球とはご苦労なことです。サイクリングロードも自転車や人が少なかったですね。
80727e.jpg
大師橋を過ぎると地域のお祭りが催されていました。釣り船には軍艦旗と大漁旗。
さらに進むと海老取川に架かる弁天橋には大漁旗が景気よくはためいていた。その橋の下にはカヌーと魚を取る少年達が数人。夏ですよ、ふんふん。
80727f.jpg
80727g.jpg
この頃から雲もなくなり、日差しが強くなってきた。立ち止まると汗が噴き出る。汗が目にしみるぜ。
80727h.jpg
呑川緑道でシャンシャン鳴く蝉の声と涼しい風に一息つくことにした。ふ~、幸せだ。
匝の電池も切れかかってきたのでおやつ用のミニチョコパンを食べる。3つのうちの2つ目。すでに1つは六郷橋で食べた。

一服後、昭和島へと渡りモノレールを眺める。モノレールいいよなぁ。本当はもっとゆっくり写真撮影したかったものの、容赦ない灼熱の太陽に照らされて先を急ぐことに。いやぁ、北風が負けるのもわかるもんだ。
80727i.jpg 80727j.jpg
昭和島から京浜島をつなぐ京和橋を弧を描きながら渡る。するとそこは当然、京浜島。思いっきり工業地帯。照り返しが厳しい中、愛車は快調に走ってくれる。この頃にはすっかり異音もなく軽々と走る。

京浜島つばさ公園到着。バーベキューをするグループ数人。飛行機の撮影する人は2人。一人は無線聞きながらでした。さっそく匝も非力なうそつき一眼デジカメで撮影する。そのうちの3枚。
80727k.jpg
80727L.jpg
80727m.jpg
進入灯の近くではジェットスキーの練習でもやっていたのだろうか?働く船や遠くにフェリーや客船も見えた。なかなかよいところだ。涼しければね。
80727q.jpg
しかし暑い。めまいがしてくる。最後のチョコパンを食べる。明らかに匝は電池切れ。カメラも電池切れになりつつあるし、雨も降るという話だし、暑すぎるし、帰ることにしよう。
80727o.jpg
ちなみに公園内の道を走るとパリパリ音がするのでよくみてみると、まるでインパール作戦の死のロードのように無残に干からびたミミズが続いている。土の中も乾ききってしまったのだろう。それとも一時的な大雨に遭遇して這い出た結果だろうか。ナムー。
80727r.jpg
途中都会の真ん中に海浜公園があったので寄ってみた。お子さま連れファミリーと日焼け中のおっちゃんしかいないが白い浜はうつくしい。脇の方では釣りをするファミリーも。何が釣れるんだろう?ハゼかな?かな。

立ち止まるともの凄い量の汗が噴き出す。所々で購入するお茶も、自転車に積んでいるうちに飲み頃な温か~いお茶になってしまう。う~、目が回る。どこかで何か食わないと行き倒れる。そうかこれが行き倒れってやつなのか…。妙なことに感心する匝。この段階で思考が止まりつつあった。

15号を六郷橋へと進む。ファミリーレストラン以外に営業している店なし。時間的に準備中。コンビニではなぁ。
80727s.jpg
六郷橋から多摩川サイクリングロードを走ってガス橋へ向かう。いい気になって走っているようだが目は回っているのだ。どちらかというと吐き気まで…、熱中症の予感?
神奈川は天気がよくないようですね。多摩川大橋方面をバックに写真を撮りましたが曇っているでしょう。雨に降られるのもイヤなので、寄り道せず綱島へ向かおう。

ガス橋を渡り、平間から横須賀線の跨線橋を喘ぎ上り、矢上を通過するあたりで完全放電した。目の前がブラックアウト寸前だ。あと少し先にファミマがある。がんばれ!自分!!

あぁ、この時ほど冷たい小岩井コーヒーが旨いと思ったことはない。たまごパンもうまかった。さ、元気出た。家路を急ごう。

こうやって帰ってきたのだが、疲れすぎていて眠ることできず。シャワー浴びても汗は噴き出る。エアコンも寒いような暑いような…。夏のサイクリングは無理はしない。うんうん。うふふな人が信じられないよ。走り続けるから空冷が利いているのか?

今日の反省
●帽子はかぶろう
●日中は走るのやめよう
●しっかり食べて出発
●草っぱらの虫を追う時に七分丈では足がチクチクです


走行時間:2時間56分
走行距離:42.39km
平均速度:14.4km/h
最高速度:27.9km/h 
積算距離:1224.6km

スポンサーサイト



コメント

ぽーにょぽにょ
熱中症には気をつけましょう
スペシャライズドのクロスバイク買いましたよ~
ポタリマショウ!!!!!
確かに半魚人は微妙ですな

P.S.
ある程度の速度域になると
空冷が効くのは確かなようです
4時間100キロが限度ですが
それ以降は薄皮あんぱんと根性です

あぁ、アンパンわかるなぁ。
でもそれって“守谷のあんぱん”を買って来いとのこと?
いやいや柳屋ベーカリーもうまい。
待てよ、アンパンを買いに小田原ポタ。でも土曜限定(日曜は定休だからね)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/932-6e3a0741