FC2ブログ

KnoppixのUSB起動にチャレンジ 

会社で火山性地震のデータがみたいね、ということで、気象庁の火山活動資料を確認して火山性地震を調べ、Hi-netから三宅島の有感地震のイベントデータをダウンロードする。

これはWin32形式という地震データのフォーマットでunix仕様となっている。部長は単純に加速度データが羅列されていると考えていたようなのだが、実はいろいろと手が込んだフォーマットになっているらしい。最も退社時に作業を見に行ったらバイナリファイルを直接確認していてちょっと驚き。部長は16進数が直接読めるのか?(笑)

さて、Win32フォーマットはunix仕様ということでちゃんとwinシステムというソフト群がある。ただunixは扱ったことないしマシンもない。過去何回かトライしたけれど挫折のうえ諦めていた。そこで帰宅後、お手軽なunixはないべかと調べ、CD起動のKnoppixというOSがあることを思い出した。ここらへんから目的が変わり始める…

最近、CD起動だけでなくUSBメモリから起動することができるようになったとのこと。おぉ、チャレンジ精神を刺激される内容。

とりあえずCD版のKnoppixを作成。それをいろいろなサイトを確認しながら1GBのUSBメモリで起動できるようにセットしていく。

が、起動せず。さらに眠くなったので昨夜は適当なところで終了した。

USBメモリでOSが起動したり作業できれば、なかなか便利だと思うんだよね。成功したら忘れないうちにブログに書きとめよう。とりあえずCD版で遊んでみることにしよう。

おっと、今日は小田原へ行く日だ。このへんで。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/94-7e749b2c