FC2ブログ

天文台ポタ 調布まで行ってきたよ! その1 

今日は大変満足なポタリングだった。
行きたかった天文台に行ってドームやら望遠鏡やらをいじらせてもらい、
調布飛行場一望の公園ではドルニエの着陸を目前で見ることができた。
野川沿いの道では水鳥たちを観察できたし、めがっさ大満足なポタだったです。
80802k.jpg
出発は8時20分。横浜の気温は27.4℃で湿度75%。南南西の風で背風を受けながらの走行です。



今日は元気なうちに日吉の山を越えていくことにした。綱島街道を日吉へと向かう。ちょこまかと坂をのぼりつめると日吉駅。駅前の放射状に並ぶ商店街のうち日吉中央通りのゲートには、慶応義塾が高校野球(北神奈川)に出場おめでとうの横断幕。ご近所さんですからね。おめでとうございまする。
80802a.jpg 80802b.jpg
山を下って矢上川の右岸を上流へと向かうと、川の清掃活動を行っている人々多数。お暑いのに、おつかれさまです。ゴミは上からロープで引き揚げていました。

途中から二ヶ領用水のひとつ江川の緑道に入り武蔵新城へと向かう。カルガモ・ファミリーは渡っていったと思ったのだが、今度は違う子鴨たちがいました。って、カルガモって留鳥だったっけ??
80802c.jpg
武蔵新城のアーケードを通り抜け、第三京浜から二子新地と進み二子橋で多摩川を渡ります。
80802d.jpg
二子橋から野川方面の吉沢橋を目指しますが、途中で脇道に入り迷走してしまいました。結局は多摩川堤通りをそのまま進めばよかったのだ。むむむむむ、であります。吉沢橋から野川上流を眺めると工事をしていました。東名高速までの間、ところどころで工事をしていて迂回したりします。
80802e.jpg
東名高速の間は工事はともかく水鳥も多い。アオサギやチュウサギなど数羽。アオサギの大きな翼を開いて飛翔する姿は圧巻です。すばしこく飛ぶ小さなキラキラ青びかりする鳥はカワセミでした。いやぁ、きれいでしたよ。出発時にタンクロー(双眼鏡)を持っていくか悩んで持たなかったのが悔やまれます。はやくフロント用バッグを買おう。そうすればいろいろと持っていけるよ。
80802f.jpg
気温はぐんぐんと上がっていることだろう。それでも快調に進めるのは木々のおかげだと思う。灼熱の太陽の陽射を遮ってくれて、涼しい風で身体を包んでくれるのだ。夏だというのに自転車で走るのが心地よい。
80802g.jpg
町中の道でありながら20km/hで走り続ける。ロードの方もあまりいないし、歩行者も少ない。もっとも川には魚取りのお子様がいく人もいましたけれど。
しかし心地よいのは走っている時だけ。信号待ちで止まったとたん、滝のような汗が噴き出ます。
汗が目に入って…、目がー!目が~!(大佐かい)
80802h.jpg
野川は右岸を走っていましたが、途中で左岸へと渡ります。渡る途中に川をのぞき見ると獲物を狙っているサギとパチャパチャとしているだけにしかみえないカルガモ数羽。あぁ、本当になんでタンクローを持ってこなかったのだろう…。カバンだ。カバン。
80802i.jpg 80802j.jpg
左岸も気持ち良く走っていたら、途中で橋の工事で迂回。振り返ると怪しいアンテナのある家を発見。ハムのひと(アマチュア無線ですよ)の家のようですが、天頂を狙うパラボラはなんだろう?気になる、興味ある。

野川に架かる大沢橋を右に曲がり高台に上がると天文台だ。昔の東京天文台。今では国立天文台として我が国の屈指の自然科学研究機関である。いざ、参ろう!
80802k.jpg
つづく

スポンサーサイト



コメント

道、よさそうですね。

日吉の山が相当にきつそうですが、(鉄塔がらみで歩きました)それを越えれば、割と順調な道のようですね。

天頂のパラボラ、日吉にもあります。
最初、慶應の施設かなと思って見に行ったら、(パラボラ以外は)普通の民家でした。海外TVマニア(DXer)でしょうかね。
天頂に向けておくのは、風対策って聞いたことがあります。
件の家も、大抵空を向いていますね。

日吉の坂は綱島側からよりも矢上川側(川崎側)からのほうが傾斜がキツイような気もします。まだ綱島街道はいいかもしれませんが、井田山の方は上る気がしません。実際はどうなのかな。尾根道は案外走りやすそうな印象はあります。

天頂に向けたパラボラは、未使用時は風対策で天頂に向け、使用時には目的の方向に向けるということでしょうか?それだと納得できそう。調べてみよう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/941-4656f742