FC2ブログ

KnoppixのUSB起動 USBメモリ悪戦苦闘 

いやはや買ったばかりの2GBのUSBメモリが認識不能になったかと思った。

昨夜は早く寝ようと思っていたが、少しだけKnoppixのUSB起動をやろうとUSBのパーテーションを切っていたところ、トラブルにはまって遅くなってしまった。

今回買ったUSBメモリはKnoppixに搭載されている“QTparted”でパーテーションがなかなか切れない。さらにはKnoppix5で処理中にQTpartedがフリーズ。USBメモリ自体にアクセス不能になってしまった。

Knoppixのver5はタブレットとの相性も悪いため、一昨日使っていたver3.8に変更してみる。

さてWinXPでUSBメモリが差し込まれていることはわかるが、開こうとすると何も入っていないと怒られる。Knoppixではアイコンすら出てこない。QTpartedでは存在はわかるもののアクセスするとまたフリーズ…

しばし考え込みiBookに差し込んでみた。“ディスクユーティリティ”が起動しフォーマットせよとおっしゃる。おぉ、WinXPではフォーマットできなかったのにMacでは…と感涙にむせびつつフォーマット。さらに“ディスクユーティリティ”ではパーテーションも切れることに気づき、ついでに切ってみる。Knoppixで認識した。パーテーションは切れないがMS-DOS形式にしたらWinXPでも認識できた。

しかしMacOS拡張(HFS+)でパーテーションを切り、QTpartedでFAT32に変更するも変更ができない。いろいろやってFAT32へ変更はできたがWinXPでUSBメモリを認識しない。一昨日のUSBメモリはQTpartedでパーテーションは切れたのだがなぁ。まぁ、Knoppixの起動には失敗しているが。

途中で挫折したので、今日帰宅後に再挑戦。iBookでMS-DOS形式でパーテーションが切れないようなのだが、これさえできればオケなのに。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/95-682108f0