FC2ブログ

港北公園ポタ~その2 よく考えたら今は都筑区だ 

80810z_9.jpg
よくよく考えると港北ではなく、今は都筑なんだよな。タイトルをしくったか?でも港北ニュータウンだしなぁ。
走っていてわからないのは植生が東西の公園で違う。というか人工の公園ではあるのだが、後半で走った方には竹林がある。あぁ、自転車で心地よく黙々と走り続けられないのは、こういう観察力というのだろうか、素敵モードというのだろうか、周囲が気になることが多いのだ。
だから係長氏と走ると気づかないうちに走り去られてしまう。ひとりと同行者がいる場合とでは写真の枚数も違うけどね。

でも今回は抑え気味(なんですよ、一応)。

山崎公園を一気に下る。この辺は丘陵地帯で下るとほぼ川が流れていると思ってよかろう。山崎公園と次に向かう都筑中央公園との谷には早渕川が流れているのだ。つまりこのコースも半周を過ぎたところかな。
80810v.jpg 80810w.jpg
山崎公園からは中川八幡山公園へのルートと早渕川沿いに進むルートに分かれる。今回は川沿いにいこう。案内板には“しらさぎのみち”と書かれていた。でも出会ったのはサギではなく、ウでしたな。サギにひっかかった?…すみません、はずしましたね。
“やさきばし”というところが次のポイントなのだが、なんと“矢崎橋”と“矢先橋”のふたつがあるとは、普通はなかろーもん。あたりをつけてどうも緑道入り口っぽい感じのする道に入ると中央公園へ至る道でした。水路があるのが緑道のポイントです。
80810x.jpg 80810y.jpg
川からは上り坂になります。都筑中央公園も起伏のある公園でしたがあまり人は見かけません。
中に入ると炭焼き用なのかなカマドや竹林、展望台などがあります。
展望台まで登りましたよぉ。途中から自転車を引いて。でもあれって展望台って名前のくせに展望できないんですよ。いんちきです。ただの頂上で木々にさえぎられて高みの見学っていかない。
なんか“○”って言っているようなモニュメントにむなしさとやるせなさと疲労を感じさせられました。

そうそう竹林はタケノコが取れるようですが、管理されているようです。
80810z.jpg
竹林はいい雰囲気ですよ。カナカナがたくさん鳴いていました。このコースの西側にはツクツクボウシが聞こえません。担当があるんですかね?興味あるなぁ。
そうそう、カナカナって生で見たことがないんですよ。これだけ鳴いているのにいったいどこに?
ツクツクボウシは見たことありますが、普段容易には見つかりません。カナカナの鳴き声を聞いた外国人が「山が叫んでいる」というのもわからんでもありません。ほら、イソップの「アリとキリギリス」は元々「蝉と蟻」ってタイトルだったんですが、ヨーロッパ中部以北では蝉がほとんどいないので“キリギリス”に置き換えられてしまったのだそうです。日本へはヨーロッパ版が伝わったので“キリギリス”のまま翻訳されちゃった。

そういえばカマドがあればナタもある?匝以外にひとがいない…。
何も起こりませんように
何も起こりませんように
何も起こりませんように…

って、モンシロチョウをカメラに収めるべくひとり追いかけていたのは秘密です(笑)。
80810z_1.jpg 80810z_2.jpg
先を急ぎましょう。中央公園から鴨池公園、茅ヶ崎公園へと続く緑道は“ささぶえのみち”だそうです。
わりと匝好みの道。鴨池公園で記念撮影。この自転車の止めている緑の場所には水路があり、トンボが産卵していました。よくみるとこの緑の草はクレソンのような気がするなぁ。
80810z_3.jpg
ロッヂ風のお子様の遊び場。さらに奥に進むと橋を渡って鴨のいる池がありました。それだけです。
なんか2~3本ほどひまわりが咲いてましたので、景気よく接近してパシャリ。こないだのようなひまわり畑だったらどれだけよかったでありましょう。
80810z_4.jpg
さぁ、次の公園へれっつらごー!
走ります、走ります、駆け抜けます
80810z_5.jpg 80810z_6.jpg
途中で地下鉄をくぐり抜け…地下鉄なんですけどね、高架なんです。茅ヶ崎公園へ。
プールまで撮影するわけにはいかないのでモニュメントだけ。曇天だときれいに写真が撮れないよ。
80810z_7.jpg 80810z_8.jpg
茅ヶ崎公園から緑道は“せきれいのみち”になる。匝は道を間違ったというのか、素敵の神様が導いてくれたのか…。それはそれとして、正しく進めばせせらぎ公園へ至る。この辺は地下鉄の仲町台駅も近く、公園に隣接してレストランなどが数軒並んでいた。公園一望のお店はまだ準備中でしたが、ひとりでお食事はさびしい。そうなんだ、こういうところでひとりでお食事ができない人、それが匝。
80810z_a.jpg
途中で立ち止まったらセミがいた。無意識に何かを発見する能力があるのかと、自分自身も不思議だ。まだまだアブラゼミは夏をやっていたいらしい。ミンミンゼミもたびたび派手に鳴いてましたね。匝にとって今年の夏はセミが印象的です。
でもね、これだけセミがいるということはそれだけおつかれさまのセミも転がっているので、自転車で走っていて避けきれずに【禁則事項】てしまったセミも数匹…合掌
80810z_b.jpg
さてネコちゃんです。数匹の子猫たちがワラワラと“せきれいのみち”の端っこで戯れていました。
そう、道順を誤って逆走してしまったところに子猫たちがいたんです。猫属性はないのですが、ま、それはそれ。お近づきの1枚。すっごく警戒してましたけど(苦笑)
80810z_c.jpg
せせらぎ公園の池のあるほうには古民家があるようですが立ち寄りませんでした。池のほとりにはご老人がひなたぼっこ(曇ってましたが)していて、池にはスイレンが咲いていました。
銀塩カメラならもっときれいに大きく撮れたであろうに…。
80810z_d.jpg
ちょうど一周したところで一般道に出て帰路につきましたが、車の往来の多い道路のすぐわきに鳥や虫、緑あふれる緑道や公園があるとはなかなか想像できません。
大熊川沿いに鶴見川の亀の甲橋まで走って、綱島へ戻りました。
80810z_e.jpg 80810z_g.jpg

出発:大綱橋 7時30分頃
到着:大綱橋 11時30分頃
走行時間:2時間45分
走行距離:33.84km
平均速度:12.2km/h
最高速度:30.9km/h 
積算距離:1397.1km


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/954-b693d453