FC2ブログ

日本語プログラミング“ひまわり” 

ネットの世界をさまよっていたら日本語プログラミングソフト“ひまわり”というのをみつけた。

          80818_hima_logo.png

プログラミングは敷居が高いように感じるが、やはり数学的センスがないとダメだよな。特にデータベースを振り回すとなると行列の考え方がちゃんとできた方がよいように思うし。

日本語であれば入口はとっつきやすいのだが、慣れてくるとちょっとうざったくなる。だからプログラムの作り方がわかりはじめると、通常のものに乗り換えてしまうこともある。

MacintoshのHyperCardなんかプログラム言語というジャンルなのかわからんが、おもしろかった。
なんにしても自作のプログラムが動くとおもしろい。

“ひまわり”ってなんとなくネーミングがよろしい。今度、いじってみよう。(機能的には他の日本語プログラミングソフトの方がいいように感じるけれど…)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/968-2a327215