FC2ブログ

標準状態 

理想気体1molの標準状態での体積は22.4Lだったのだが、wikipediaによると標準状態の定義が変わっているようだ。匝が習った時は標準状態とは、0℃(273.15K)で1気圧(1atm)の温度・圧力であった。これがSI単位系の都合なのか、0℃(273.15K)で100kPaの温度・圧力と変わったようだ。この場合、体積は22.7Lになる。

では高校の化学も変わったのかというと、どうやら“ただし、0℃、1気圧、1molの気体の体積を22.4リットルとせよ”の注記が記載されているらしい。とりあえず、1molの標準状態での理想気体の体積は22.4Lで計算してよいようである。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eniguma.blog85.fc2.com/tb.php/983-db5ca46a